2007年08月

2007年08月30日

トマト・バジルの関係

e0ad44e9.jpg
トマトとバジルの関係ハートはタダナラヌ。

夕食に冷やしトマトにバジルの葉を刻んでのっけて、塩コショウとオリーブオイルでドレッシングを作って食べた。

 んまい! もう、美味しくて、おいしくて、ビールを飲むのもワスレて一気に食べた。

はい! おかわり!と叫んだら、おとーがどうぞぉと言った。
言っただけだったので、そりゃそーだ・・・ねと自分でまたトマト一個を切り、庭でバジルを摘んできたダッシュ

キラキラトマトとバジルって今さらながらなのだがホントに相性がいい。
タダナラヌ仲良しどうしなのでお互いが思いやり、さらにキワダツ仲なのだラブラブ

実は今年は今までバジルを食べるのをがまんしていた。
植えた時期が遅かったのか成長がハカバカシクなく、いつ見ても変化なし雲

大きくしてバジルペーストを作りたいので小さな摘心だけ繰り返し、
草とりしててフワッと香るとオナカがグゥーと条件反射的になっても我慢してたブタ汗
が、この所の暑さが良かったのか急にのびてきたので、今日は安心して初バジルだったのです料理
 クローバーやはり、毎年同じ場所に植えるのはダメかもしれないな・・と少々気になるバジル


at 19:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)料理 

2007年08月28日

スズメバチの巣

de91e52c.jpg
こわいっ! 
なんと、スズメバチが巣を作っていた。

ある日、妹が蜂の巣があるねって言った。
あんまり慌てもせずに言ったのでどれどれ? どこどこ?と軽く見たらびっくり!
ひぇ~~! 
本格的、怖そうな巣がしっかりついているではないか!

調べたら手ごわいスズメバチの巣だった。
おとーは大丈夫だ、巣を袋に入れれば良いと簡単そうに言う。
それがいけない!

前に種類はわからないが、すでに蜂に刺されたことのあるおとー。
2回、3回と刺された人のほうが危ないのだ、甘く見ていて刺されたら命にかかわる!
ここは蜂を怖がっている私がとった方がいいのだと決心した!ff85dee7.jpg

ホームセンターに行ったらウワサの蜂ジェット商品がズラーッと並んでいた。
ありました! スズメバチ専用ジェット。
ってことは、やはり手ごわいのだなと確信するOK

そして、同じ商品を手にしてる男の人、2人づれがいた。
なんか専門的に話してて力強そうなので思わず聞いてしまった。
あの~・・ジェットをかけるのはいつ頃がいいんですかねぇ・・?
えっ! あ、ああ・・夜明けごろか、日が暮れる頃がいいとおもいますよ・・・。
親切なのだ笑顔

仕事から帰ったおとーは俺が取ると言い、二人でいかにスズメバチを甘くみないか・・の策を練った。

メモ 雨合羽をフードつきで着る。
   ネットつき帽子の上にヘルメットをかぶる。
   ネットは紐で縛り、隙間を作らない
   手袋は厚いタイプ2枚。  
   袖口には腕抜きをする。
   長靴をはく。
   巣を落とし入れる袋は肥料袋3重とする。
かくして、完全自家製防護服でジェット噴射し、巣を袋に入れたのだが、そのあとも出かけていた蜂がドンドン帰って来た。
おとーは屋根の上でシュー!シューッと立ち向かったのでした。

宇宙人いとこが来てサラッと言った! 
電球朝になったら袋の上から踏んだほうがいいよ! 
               おおっーー!困った


at 20:09|PermalinkComments(1)TrackBack(0)びっくり! 

2007年08月27日

お祭り・かじって貰う

4480b8aa.jpg
お祭りのおまけの話。
お祭りの花もらい

お祭りには神楽の他に、3台の山車と6台のお神輿が出る。
山車は上、中、下組に分かれており、山車運行の合間に自分達の組以外の所のお宅訪問し、寄付を貰って歩くのだ。
そう! 若連がオンドアゲをして花貰いに来るのです・・。
オンドアゲの人に子供達が合いの手をいれる音符
譜面やぁ~ぁぁよぉいぃぃはぁ~イエィ~音符(歌えます?)笑い
ヤーレコリャーのセェーイ!譜面・・・と、メデタイ気分になる。

そして、神楽の人達もカドツケに来る。11bff442.jpg

玄関で神楽をガッチャ、ガッチャと舞うのだ。
獅子頭みたいなのが、権現様

権現様に頭をかじってもらうとゴリヤクガあるそうでガッチャ、ガッチャの時、頭に触れてくれるのだが、今年の権現様は力強かった力こぶ
さしだした頭にカポッ! ときた!ロケット
権現様の開いた口が頭にジャストフィットだったのです
手ごたえ・・・いや、頭応えがあった!汗
おとーと私にはゴリヤク多めでなければいけなかったのだろう・・・か?パンダ

そして、花火。 
ちょっと途切れると終わり?終わり?とみんなが心配する花火。
ドーン! ワァー!・・終わり? 終わり?と声が飛び交う笑い
色んな意味でハカナイ花火でもってお祭りはおわったのです。


at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)びっくり! 

2007年08月26日

夜店の・・・

1908e37e.jpg
お祭りの夜店を満喫した。
・・イエイエ、甥っ子たちに満喫させていただきました笑い汗

お祭り・中日は流し踊り・太鼓・ソーランなどをやる。
甥っ子たちの神輿はナカビはお休みなのだ。
なので甥っ子たちは待ってましたとばかりに張り切り度・全開・絶好調!走る走る
甥っ子たちのハハはソーランを踊り、夜は盆踊りにまでクリダシタ。
なので、張り切り・甥っ子達と、父、おじちゃん(おとー)、おばちゃん(私・・)が昼となく夜となく一緒だったのだ。

お祭り・夜店を歩くと今年のお祭り主流という物がみえてくるメモ
夜店はホトンドが食べ物とくじ引きの店。a85d82df.jpg

となると、多くの子供達はハズレを引くわけで、手にするハズレ景品は似たものを手にしているパンダ
毎年、夜店を歩くと、そっか!今年はこれなんだ!電球という物が見えてくる。

去年の甥っ子は大きな缶ジュースのようなリュック型ビニール風船を背負っていた汗 アチコチで背負っていた笑顔

今年のハズレ景品は、これ!
ポンポンのようでありながらスライムのようなグニュッと手についてくるようなヘーンナ感触。
手でポンポンとつくと怪しくボワッと光るのです。
今年の主流なのです
怪しく笑ってるし・・・汗


at 17:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)いいこと 

2007年08月24日

夏祭り・ベストポジション

171af7f5.jpg
67cb5b42.jpg

今日の午後から3日間、夏祭り

午後からなので露天の店もまだ出てない9時半ごろ、甥っ子2番目二年生が授業の一環としてお祭りを見に来た学校
太陽お日様ガンガンの中、小学校から多分20分位、歩いて来たはずなのだが、さすがに子供は元気!走る
姿の見えないうちから声が賑やかしい音量

我が家の隣に神社のかなり長い石段がある。
そこだってワイワイ元気に登って行った走るダッシュ

賑やかな子供を連れた先生はもっと元気!
参道に集合し、トイレタイムの子供達の声にまじった、ヒトキワ、際立つ声は先生。
音量トイレの人ぉ~、いますかぁ~
音量ハァ~イ! 頭に手をのせてくださぁ~い! 帽子はカブッテますかぁ~!  
音量あ! こんにちはぁ~! みんなぁ~、村長さんに、こんにちはをしてくださぁ~い!
しっかり、聞こえ過ぎて、思わず頭に手をやり、こんにちはをしてしまいそう・・先生、ご苦労様・・です汗

午後は参道に神楽、山車、神輿が集合して、開会セレモニーをして、参道から出発していった。
甥っ子たちもワッショイ! ワッショイ!と綱を引いて行った。
大活躍なのだ拍手

そう! これがゼーンブ、2階で見物できてしまうのです。
2階はお祭り・ベストポジションなのです。
しかし、油断は禁物! ボヤーっと見ていると大変!

消防車前に、消防出初式をボーっと見ていたら団員全員にビシッと音のするよな敬礼をされました困った
窓にいた私は目が点になり動けん!
しかし、丸見えなのだから恥ずかしい・・・恥ずかしいの塊となったのでしたブタ汗

神社を背にしている我が家なので、皆が神社を拝む時は気配をサッシ、すばやく身を隠す! 拝まれないよーに・・・笑い汗


at 19:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)びっくり! 

2007年08月23日

爆弾雷雨 のち モチキミ

209d1ef4.jpg
2、3日遠出をしてきた車ダッシュ

帰りの高速で激しい雷雨雷にあった汗

あんなに激しい雨は私の人生で1、2位を争うのは確かなのだが、あんなに引きつる程の怖い思いをしたことはなかった! 
総合的にだんぜん、だんぜん!一位

バケツどころではない!
車の上でいっきにお風呂をひっくり返されたようだった。
ワイパーも間に合わなくて、雨がフロントガラスを滝のように流れて、前も良く見えない・・ドクロ
道路の溝に雨がたまり、ハンドルをとられてあせって戻すとまたズルッとヒエェ~なのです困った
スピードを70まで落とすと今度は後ろからの追突がコワイ
テールランプも見えないだろなと思っても、止まることもできず、泣く暇もなく・・涙目を見開き走ったドクロダッシュ 見えなくたって見なければならないのだ!
諦めた瞬間にハンドルをもってかれる!と、大波怒髪天を突き、もっとドンドン髪を逆立て天をツキ、ツキ走ったのでした

何分ぐらいだったのか、ワカラナイ。
家の窓から見ていたら直ぐやんだねっていうぐらいだったのでしょうが 長かった! とてつもなく長かった!困った大波

ソンナコンナの高速を降りて直ぐの産直で一休み。
いきなりの和み。
懐かしいようなモチキミを売っていた。
キミとはとうもろこしのことで粒がモチッとしているのでモチキミ。

小さい頃は良く見たような気がするが今ではまず見かけない。
甘さでいったらこの頃のとうもろこしのほうがだんぜん甘いOK
お菓子などフンダンにない時代は美味しかったのだと思う。
くだものなど甘く甘くと改良する今に至っては、

手に取り、あらぁ~、こんなのあったねー・・・と
ドレドレとモチッとした食感を懐かしんで食べてみる・・・という、そんなモチキミなのだろう。


at 18:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)びっくり! 

2007年08月18日

ちびっ子・花火師

f65fd839.jpg
お盆も過ぎてしまうとアッという間だったダッシュ

お盆は実家の父のシジュウハチを3日間やった。
この地方特有な事なのかもしれない、シジュウハチ。
亡くなって3年間、お盆の3日間、夜に48本のロウソクを灯して皆で偲ぶのです。
これがシジュウハチ。

ロウソクの他に松の木を割ったものを家の前2箇所で燃やす迎え火もする。
この迎え火が甥っ子達の花火を盛り上げるのです。
たくさんの人が来るので甥っ子達も気分はハイ!

目を見張ったこと・・・甥っ子2番目が花火の達人になっていた。3e36ee54.jpg

炎攻めの花火なのだ
ドラゴンなどの大物花火に火をつけては身軽にサッと飛びのく。
花火で道路に字が書けることも自分で発見して、大きく カバ(?なんで?・・)と書いていた笑顔

息子も小さい頃、道路に字を書いていた・・
子供って聞いたわけでもないのに同じことするんだなーとカンガイブカイ。
甥っ子2番目はチビッ子・花火師なのだった。

そして甥っ子1番目は・・というと、チビッ子・花火師に指図をしたり、ハハのケータイで写真を撮ったり・・ 
そう! 花火で見えたこと電球
体育会系と文系、
職人系(親方肌)と事務系の様な 図がチラチラしたのでした。                    決め過ぎ?にっこり


at 11:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)びっくり! 

2007年08月16日

ハーレー・ダビットソンだ!

ec12fea0.jpg
c735a2bd.jpg

どーだ!キラキラ ハレー・ダビットソンなのだ!キラキラなのだ。

連日、あち``ーい! と、フーフー言っている間にお盆も今日はもう送り盆。

あち``ーいとへばってたら、ドッドッドっと大きな音、大きいトラックだねーと言ったらおとーが、おぉー!Hだ!とこれもまた大きな声。
ヘッー!と見ると息子の友達のH君。 すごいやつに乗って来たロケット

帰省途中の高速インターから息子が帰っているかと電話をくれたH君だった携帯

息子にも私たちにも愛車を見せたかったそうだ。
カタイ仕事(?)の彼は前にテレビで聞いたよーな5時から男になってツーリングなどを楽しんでいるそうだダッシュ

息子とは赤ちゃんの時からのお友達赤ちゃん赤ちゃん
彼のお母さんは、仕事で忙しかったので、赤ちゃんの時からH君を私の実家で預かっていた。
彼と息子は同じ年だったので、実家の両親は二人を同じ様に可愛がって、小学校の祖父母参観にも行ったりした。
なのでいつも一緒に過ごしてきた友達なのだランドセルランドセル

今はそれぞれ違う所にいるが帰省するといつも訪ねてくれる。
息子が帰ってなくても来てくれて話を色々してくれるH。

大変であろう仕事のこと、愛車のことなど、面白おかしく話すHのたくましさと元気さに笑いながら涙がポロポロでたのだった。 
俺が来たことを言っておいてっ!と言って ドッドッドッダッシュ ドドッダッシュダッシュ っと帰っていったダッシュ


at 12:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)びっくり! 

2007年08月11日

靴だらけ・・・

8d8d78e8.jpg
コンナにいっぱいの靴ロケット

日頃はサンダルぐらいしか出てない玄関がなんとマア賑やかでした。
でした・・・というのは、そう、義弟たちが今朝帰ったのです自動車ダッシュ

義弟の家族はすっごく健全な過ごし方で、キチンとしているキラキラ
朝7時食事、食べたら、すぐ!いっせいに歯磨きをする。
おやつは基本的に食べないダメ
もし食べたとしたら、すぐ歯磨きをする走る
砂時計を見ながらする子もいるからすごいでしょ。
食べるー? ナンテ聞くと
 あ、もう歯を磨いたからいらないって・・・エライのだ汗

ごはん夕方5時は夕食。
その時にはもうすでに、お布団はしいてあって、食後はドンドンお風呂に入ったら9時、就寝なのです ZZZZZZ
就寝前には子供4人分(小3~高校生)の翌朝の服がそれぞれ用意され、たたんである

もう15年ぐらい毎年一週間から10日間の予定で泊まりに来るけれど、いつだって、変わることなくキチントなのですキラキラ
あまりに規則正しい生活ぶりなので田舎で暇だからかナ? と思い聞いてみたら、
神奈川にいる時は、お父さんは仕事で遅いけれど、みんなはいつも5時夕食とか変わらないよってキッパリ。

なので、日頃、テキトーなおとーと私は、アタフタと少々背筋をシャンとしながら、ゴソゴソとおやつを食べるのだ笑い
私にいったては、いつもきれい好きなんだよー、そーなんだよーとあたりに目を配るのだが、ニワカジタテハ・・ニワカジタテブタ
ヘヘッ・・なのでした。  
フーッ・・・汗汗


at 09:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)びっくり! 

2007年08月06日

木苺と車百合

9fdce114.jpg

夕方、友達が尋ねてきて、ラズベリーを採りに山に行って来たよーと言っていた。
去年もたくさんとって、ジャムや冷凍にしたと言っていたが

いちご木苺とラズベリーって同じ?とか、
ホントに赤い木苺は庭に植えているラズベリーと同じ香りがするの?とか、
なんとなくモヤモヤっとした疑問を持っていた。

私の知る黄色の木苺はもちろんラズベリーではないし。
赤い木苺は知らない雲

仕事を終えて帰って来たおとーに、赤い木苺を食べて香りを確かめたいと言ったら、おー! 今ちょうど赤くなっていて今日も見たから行くべし! とキッパリ。
え? 今?と思ったがボールを持って出かけたダッシュ

おとーが黄色の木立性のイチゴは木苺で、匍匐性の赤いのは土イチゴとコノアタリでは言っているぞと言う。

太陽日当たりの斜面に生えていた赤い木苺はラズベリーの香りはなくてスッパカッタ汗
ヨーグルトに入れてあげたら ン~! 夏向きだ!って喜んでたおとーでした笑顔199fa19f.jpg


帰りに小さなクルンと反った車百合が咲いていたので、山が好きだったじいちゃん達にお供えした。
ほぉ~! と喜んでいた・・ようだった笑い。(球根が弱らないよーにハッパは残してきたよまる


電球ところで、
木苺にはラズベリー、ブラックべリー、ハイブリッドベリーの3品種があり、
日本に自生するキイチゴはラズベリーに分類されるそうです・・・とグーグルさんはいってましたメモ


at 19:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)料理 

2007年08月05日

カントリードール・アン

48a1056e.jpg
音符カントリードール・アン。

アンとアンディのアンではなくて赤毛のアン・・のつもり帽子

アンらしく、スリムにと思ってボディを作ったのだが、服を着せたらけっこうボリュームが出てしまった

帽子そして、これまた、アンのように帽子にはたくさんの花を飾りって、手には友達が途中でやめてしまったクレイジーキルトの布を持たせた。

友達が、もういらないと言っていたのをゲットしておいたのだった
あ! 彼女はベッドカバーとか大作をたくさん作っていて、これは例外なのですよ・・・メイヨのために笑い

余談ですが・・・クレイジーキルトってナカナカ難しい・・はさみ
作りかけのクレイジーキルトがあるのだが、ツジツマ合わせがとっても大変で、しだいにログキャビンのキルトになってきていて・・・手にあまる汗

アンの手にあるキルトはマリラがいるのできっと上手くいくはず!
去年の秋に生まれたアンでした帽子


at 19:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)カントリー 

2007年08月03日

暑い日は氷河をみる

64ad2bc2.jpg
太陽暑かった!
台風のフェーン現象で日本中、太陽暑い。 らしい。

明日から義弟家族・6人が泊まりに来るので、掃除におわれて上へ下への一人オオサワギなのです。
なので、暑さは益々、濃密。

ここ何日間かドタバタ・コツコツと片付けやら、そうじをしていた。
日頃のテキトーのツケデス落ち込み

午後・・・もう、きりがないので終わりにします!とこれもまた、一人宣言音量

こんな暑い日は目から涼しさを・・と、現実逃避。
ペンギン 椎名さんのパタゴニアのビデオを見た。
南米大陸南端のプンタ・アレナスからチリ海軍の軍艦に乗せてもらい、マゼラン海峡、イーグル水道を経て、南極の目と鼻の先、ケープ・ホーンまで行く。
かつて、マゼランやダーウィンが旅をした地を椎名さんが旅をする。

e11928e9.jpg
マゼラン海峡にはたくさんの氷河が流れ込んでいて、軍艦から見る氷河はとても壮大で圧倒される。
透明感のある青みがかった氷河の先端が海にド・ドーンと崩れ落ちる様は力強くて、怖くて、そして綺麗

この時、奥さんの一枝さんが体調を崩していて、連絡も取れなくなる地へのココロを残して出かけた旅。
何者も寄せ付けない様な圧倒的な大きな自然と、椎名さんの一枝さんを心配する気持ちとが伝わってくる旅なのでした。
本を読んで、ビデオを見る! オススメまる

氷河崩落に興奮して暑さも忘れたが、
夕方、現実に戻り、シッカリ虫スプレーをし、涼しくなった庭へ草取りに出たのでした力こぶ


at 20:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)いいこと