2008年09月

2008年09月28日

食卓は秋味揃い

3a5db52e.jpg
9fdc078e.jpg
 
夕食にも秋の気配は濃厚にミチミチて、食卓は秋味揃い
735da36c.jpg

 
まつたけご飯 
かぼちゃと枝豆のグラタン
クリタケの…炒り煮 (きのこの水分だけで煮る)
枝豆(秋じゃない?…) 

ずらっと並んだテーブルの上は

おとーの採った松茸、クリタケ山
おばちゃんから貰ったかぼちゃ
うちでできたお米、枝豆a3582b4e.jpg


身近なところで採れたものを食べることができるってことは
幸せなのだなとシミジミ…

なんかってーと、
暑いの、寒いの、疲れたのって
日々、コマゴマとボロボロと、こぼしているけれど汗
ホントはわかっているのだ。
     そのありがたさキラキラ

少しずつ、我が家産・食材も増やしていきたいといつも食事ドキは決心するのです
料理自給率アップなのです!ごはん

問題は決心の持続性…汗
 

at 20:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)料理 

2008年09月24日

桃の砂糖煮はもも缶・・・

7ce7f157.jpg
4707207b.jpg
 
このところ、ル・クルーゼは大忙し!
ももも、煮た!笑顔

りんご林檎や、ぶどうや、ももや、栗まで作っている農家さんから、おとーが加工用のももをたくさん貰ってきたのだ。

おとーはももの砂糖煮が大好きなので (甘いもの!好きなのだ…笑顔)やや、積極的に貰ってくるプレゼント

ももの皮をむき、適当にカットし鍋に入れて、砂糖をこれまた適当にのっける。
水は入れない!
桃からの水分がでてくるので静かに煮始め
水分の音がクチュクチュからグチュグチュグチュになってきたら、自身満々、大らかに煮る!
2daed303.jpg

それで、できあがり!
冷めたら冷蔵庫でキリッと冷やしていただく。

いとこに 桃を煮たよ~とだしたら、目をテンにしていた汗
林檎は煮るけど桃はぁ…と怪しげにするのだ宇宙人

もも缶といっしょだって!

エエ~?  あ、いいね~音符 なのでした。


at 20:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)料理 

2008年09月22日

トマトソース

2a3e3405.jpg
 生パスタを貰った!
やった!うれしいのです!音符

田舎には生パスタは売ってないし、
自分で作らないし…
となると珍しくって嬉しいのだ。

それではと、トマトソース作りに取り掛かった

近所のおかあさんからトマトをたっくさん貰った所だったのでグッドタイミング~だったのだ。
ハウス中にトマトを作っていて柔らかくなるから…とドサッと持ってきてくれるのだ。

メモ自己流・基本のトマトソースを作る。
 、トマトを大ぶりに切って煮る。
 、水分があがって、グツグツしてきたら、ここではがれて来た皮をとりのぞき(オウチャクものなのだ・・・汗)、
果肉の部分をいったん取り出すのが私流!形が残るのが好み!
 、フライパンで少量のオリーブオイルににんにくを入れ、香りがたったら玉ねぎのみじん切りを炒める。
 4、2と3をあわせて、ローリエを入れて煮詰める。
 5、取り出しておいたトマトの果肉を戻しいれ、バジルをいれる。
 、塩、こしょうで控え目に味付けし…でっきあがり拍手
76af0bee.jpg

控え目味付けにしておき、パスタや鶏肉の煮込み、肉料理のソースなど色々に使うのです。
保存は冷凍庫がいっぱいなのでまたもやビン詰めにした。

料理ランチはズッキーニとトマトのパスタ・バジル風味なのでした。
生パスタのモチモチ感とフレッシュトマトのソースがなんとも、ナントモキラキラまる
レストランにも勝ってるかも…笑い

ンマイナー
おとー、ほっぺを押さえて、押さえて! ほっぺ落ちるし!

右手はフォーク、左手はほっぺを押さえていたのでした音符

デジカメに写らない?
なにが?  もう写真はとったよ…?
いや~、この旨さは写んないべ        オッとロケット汗


at 18:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)料理 

2008年09月21日

薔薇の挿し木?

da87e91d.jpg
b9edd501.jpg

成功!成功!鐘

挿し木はニガテでナカナカうまくいかなかった…
e202bfae.jpg

が、それは春までのこと。
薔薇を水中で発根させる方法を知り、試したらこれがいい!
水の管理さえできると間違いなく発根するのだOK

 薔薇の枝を切って水に挿す、
名前を忘れずに書いておく。

この時に水の量を少なくするのがコツ
茎の先が、少し、水に浸るように管理できたらいいような…カンジ

やがて、茎の先にボチボチと白いボッチが出来てきて、
おぉ~!と嬉しがって観察してると…音符
ボチボチがニューっと伸びてくる

走るここで大いに慌てて汗伸びすぎないうちに鉢に植えてしまう!走る…これが、第二のコツかも笑い
2~3週間で発根・鉢に植えることができる。
もちろん!挿し木は私的・つつましやか・楽しみなのです汗もちろん!

秋の今が梅雨時よりも早くボチボチが出来てくるように思われる
  
バラプリンセス・ド・モナコも、粉粧楼も、インカもローゼンドルフ・シュパリス・ホップもニュードーンも、ピンク・フェアリーもマチルダも成功!

そして、そしてバラグラハム・トーマスもこーんなにゆっさりといつかなるのだキラキラ
e22c7fcb.jpg



at 19:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ガーデン 

2008年09月19日

ピーマンの味噌?

67497e6e.jpg
6c3386a8.jpg

今日は暑かったので庭の草取りもしたくないし、
よし!中の仕事しようとピーマン味噌を作った。
ガス台の前も暑かった!汗

いとこは働き者で、
暑くても、フルに畑仕事をこなし走る
冬だって、夜明け前の海でのホタテ選別の手伝いにだって出かけるのだペンギン
そんないとこの野菜は当然、タダナラヌできばえで、ドサッとできるまる

ピーマンが出来すぎて困り、ピーマン味噌を作ったと持ってきてくれた。
これが美味しかった!OK

美味しいから自分で作ってみたい!と言ったらレシピ必要分ピーマン1kgを今朝持ってきてくれたのだった。

作った。
ピーマンを荒みじん切りにし、すべてをお鍋に入れて、グツグツ、グツグツ、1時間位煮込んでツヤツヤピーマン味噌ができたのです拍手
煮沸消毒したビンに熱々をいれて、完全保存バージョンに仕上げたのでした。
276e43ae.jpg


ごはんご飯にのっけたら、ご飯がススム、ススム!
おにぎり当然、おにぎりにはもってこい!
ぱりぱりきゅうりにもグ~!
揚げナスにもバッチリ!

冬になったらおでんにもイインデナイカイ…おでん
ピーマンがたくさんあったらゼヒ、おすすめ
なかったら… 野菜名人さんに作ってみたいと情にうったえよう…汗

分量    ピーマン  1kg
      麹     300グラム
      南蛮    3~5本 (お好み…)
      醤油    1リットル
      砂糖    800グラム
      酒     100CC


 
コツ…1、フードプロセッサーのない人は包丁を研いでから始めよー
            手が痛くなる…なった!救急車
    2、手、指を鍛えてない人は手袋をして南蛮を輪切りしよー
            手が痛くなる…なった!ヒリヒリ!救急車


at 20:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)料理 

2008年09月16日

松茸なんだけど・・・

80384ee2.jpg
メモ8月の終わりの頃に採れる松茸は土用松茸
土用松茸はまだ暖かい時期なので痛んでいる事が多い。

秋に採れる松茸はありがたいキラキラ王様松茸

んじゃ、この松茸はどっち?

おとーは、近年、秋になると松茸を採ってきてくれる。
気持ち的には名人と思うが…名人の方々にちょっと失礼なので準名人としよう。
で、今年は10日位前に今シーズン初めて松茸を7本採ってきた。

先日、おとー達が主催する趣味の古文書の公演会があった。

お昼に松茸のお吸い物を作って会場に持ってきてくれないかなぁ、
大きいのを2本切ったらたくさんだべ…
と言ったのだ。

んじゃ~、お豆腐とまつたけのお吸いかな…と時間ギリギリにはじめた。
が、
松茸を切ったら、ナント、虫喰いなのだ!
見かけは綺麗なのに、切っても、切ってもブー!ダメ
結局、ぜーんぶ切って、いい所を選び、なんとか作った。

しかし、肝心の匂いがない!ロケット
匂いがなかったら松茸のかいがないのだ。時間もないのだ!汗

ピカッと閃き、冷凍しておいた去年の松茸をたしたら・・・

おぉ~!少しでも大きなガンバリ!拍手
キラキラまつたけ!松茸!マツタケ~!の隠しようもないほどの匂いなのだ!

なんとか間に合い、事情を知らない方々はンマイ!ンマイと喜んでくれた。

木曜日に採っても土用マツタケだったのだ笑い

その後に採った松茸は少し匂いがしてきた。
今年は土用松茸から本格シーズン松茸へとなんとな~く移行していきそうな山のケハイなのだ…と勝手にオモッテイル
パンダ

at 19:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)料理 

2008年09月12日

カニ味噌のお酒

1e3c8fa4.jpg
38f679d3.jpg

 
ボートイトコが、
 珍しくワタリ蟹が獲れたよ と持ってきてくれたボート

いつも食べる蟹はご存知、(誰が?…)へラガニなので、ワタリ蟹はほんとに珍しい
なんでワタリが獲れたかナァ?
海が変わったかな…温暖化?なんて言っても、ワケがわかるはずも無く、茹でた。

まずは、蟹ならこのポーズ!でパチリ。
甲羅をあけたら、かに味噌とツユがたっぷりなのだ!
だったら、もうアレをするべし!
ジョッキビールはひとまず置いといて…そう、日本酒なのです!

甲羅の中にお酒をいれて、クチュクチュっと混ぜて、コクッと飲む。
あ゛~!熱燗 たまらないのです。カニ味噌のお酒

カニ味噌ぎっしりの時はぜひ、お試しくだされ。 んまい!

風邪をひいたと言ってた息子もカニ味噌酒であっためてあげたいが…遠い…
仕方ないので笑顔汗
マ、ここはヒトマズ、親がアッタマリ、丈夫になる事とし力こぶ
   熱燗 ゴクリのグビリキラキラなのでした


at 20:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0)料理 

2008年09月10日

トマトとバジルの関係

5b1cdc45.jpg
cfc0120e.jpg

 
 やっぱり大好き!音符

イトコの作った完熟トマトをストンストンと切って…
庭に行ってバジルをチョッと摘みダッシュ みじん切り…
バジルをトマトにパラパラッとちらしたら…

もうもう!できあがり!まる
これにまた、k-p-のすっきりレモンがばっちり合うのだ!
これでなきゃイケナイと思わせるほどの相性拍手

食べると口の中から顔前面、鼻の辺りにバジルが濃厚にボワンと漂い、あまりの至福にクラッとなる 鐘
毎年定番夏メニューなのだけれど何回も言わずにイラレナイ…

ひと口ごとに ンマイ! んまい!と騒いで食べる音量

やはり、タダナラヌ、完熟トマトとバジルの関係なのですキラキラ


at 19:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)料理 

2008年09月03日

北海道・知床への旅・番外編

f9c7118f.jpg
 
知床への旅、番外編なのだ!

1.椎名さん 

知床のビジターセンターに行ったら、やや! 
いきなり椎名さんのポスター! 

なんで?なんで? なんで椎名さん?

知床財団設立20周年の記念事業 
   ヒグマと共に生きる未来をかんがえる というフォーラムが10月11日~13日に開催されるらしい。

椎名さんの記念講演が12日に行われる予定なのだ!

あー、椎名さんならいっぱいヒグマを語るだろーな…
聞きたかったナ…  と旅先でふれた椎名さんなのでした

2.美幌峠にいた白い犬・テツ犬

犬旅先でお世話になったお宅にやんちゃなかわいい白い犬がいた。
名前はテツ。
てっきり男の子かと思ったら女の子なのだって。

テツは赤ちゃんの時に美幌峠に捨てられたらしくずーっと美幌峠にいたのだという。
観光客やお店の人から食べ物は貰うが絶対に触れさせず、冬を乗り越えて何年も一人で(一匹?)生きてきたらしい。
何度も何度も会いに行く人もたくさんいたという。

そんなテツが自分で飼い主を選んで追いかけてついて行った…それがお世話になったお宅だったのです。
テツが来た事にチカラを貰ったと、いきさつを聞いて涙した…

テツは捨てられて長い間、人間不信だったのだろうか…今のテツは幸せそうにやんちゃしてた
紙袋をバリバリ破る遊びに夢中で、ハッスル全開!犬ダッシュ
ずっとここがお家だったんだよと思わせるテツなのでした。

この旅はずーっと、いっぱいいっぱいお世話になり、人のあったかいやさしさをいっぱい感じた旅。
 観たことも、感じたことも多かったキラキラ ありがとうございました。
その感じは今も残っていて…キラキラ
今の私はおとーにも少しやさしいのです…笑い汗


at 15:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)お出かけ 

2008年09月02日

北海道・知床の旅3日目

7cbac6ad.jpg
00e2966e.jpg

旅の3日目はとうとう最終日
一日目に弟子屈に向かう時はもう夜だった阿寒湖。
今度は弟子屈から向かう

阿寒湖  お店の前のまりもっこりがにっこりなのだ

湖畔を歩きボッケまでしばしの散策を楽しむ
ボッケとは泥火山のこと。
泥の中に噴気孔があってボコボコと熱そうなのだ!…と思ったらアイヌ語でボッケとは煮え立つという意味なのだそうで…納得!

アイヌコタンは、それぞれのお店の外観がこっていて、どれも見たくってみたくってキョロキョロ状態だった

一日目に道路を横切り振り向いたキタキツネ
9445d0ba.jpg
知床観光船から見たヒグマ

鹿が道路に出てこないかねぇ…
なんて行ってたらナント!ほんとにでて来た!ロケット

阿寒湖から足寄へ向かう途中
悠然と道路を横切り草を食む二頭の鹿なのでした

足寄 
譜面松山千春の自宅・千春看板を勝手に見せていただいた えへっ!笑顔

鹿追町 
料理お昼に連れて行ってもらったお店はログハウスの
ジャ~ン! 大草原の小さな家なのです。
もう!名前を聞いただけで美味しいのだ!
隣のお店はローラの店
美味しいバイキングをいただき、かわいいローラのお店をのぞいた。

おなかもいっぱい、ココロもぱんぱんに膨らませて、冬場は本当に命がけという日勝峠をこえて日高へダッシュ
日高に入るとサラブレッドの厩舎などがあってやはり馬、馬がいっぱいなのだ馬馬

苫小牧につくころはすばらしい夕焼けに空がピンクに染まり、刻一刻と夕暮れる藍の空にピンクの雲がきわだつのだまる

ずーっと天気が悪いのに、野付半島以外は濡れることもなく過ごした。
良かったねー に、またプラス・ワンキラキラ

たくさんお世話になって、たくさんのあったかい気持ちをいただいて…
雄大なピンクの夕焼けの中、フェリーに乗ったのでしたダッシュ

2a1d9102.jpg
33e85022.jpg


at 20:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お出かけ 

2008年09月01日

北海道・知床への旅2日目

c51724f6.jpg
 
2日目知床への旅。
泊まった弟子屈の近くの摩周湖を朝早めに訪れた。

摩周湖は朝8時より車の乗り入れを規制するという、エコ規制2週間を実施していた。
なので、早く見ることにしたのだった。

地元ボランティアの方もこんなのナカナカないよ と言っていたこの景色!キラキラ

摩周湖の上に霧が立ち込め、
霧が湖面に向かって流れ落ちる様はナイアガラの滝のようなのだ(見たことないけど…汗)神秘的で息をのむ感動!
6c2e38bc.jpg
d4b5b4c7.jpg






オシンコシンの滝



冷気に清められるような、圧倒的な力強い清々しさなのです

そして、ジャン!
知床なのです!

半周1時間半の観光船・オーロラに乗って海から世界遺産を見るのだ
6510af83.jpg
 
双眼鏡を持っていった期待度全開の気持ち!
  通じた!
河口にヒグマがいたのだびっくり
船内放送があったらしい!(トイレにいて慌てた…)

双眼鏡で見ると熊が鮭を獲っているのだろうか、海に膝まで入っていた(たぶん…ひざ…笑顔

          船内は興奮にミチミチたのでした。
829766b6.jpg


野付半島は雨雨
海からの砂が堆積してできた半島なそうで、海水により立ち枯れてしまった楢の木がナラワラ、
とど松の木が立ち枯れたのがトドワラ。
鳥たちも喜ぶ野付半島独特の景観なのです。

晴れると国後がすぐ近くに見えるのだと言う。 見えなくて残念

が、野付半島という思いがけない場所へ連れて行ってもらい、ナント、いきなり国後の前に行ったのだ。

いつの日にかまた訪れて、
鳥の羽のような半島の先まで歩いて見たいと思った…こころに強く残った場所なのでした。


at 21:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お出かけ 

北海道・知床への旅一日目

9dc1ebc9.jpg
7e6f84c4.jpg

ヤッタァー!笑い 北海道へ行ってきたダッシュ
観光が目的という旅はあまりしたことがなかった
なので、ずーっとずーっと喜びっぱなし音符感動しっぱなし音符お世話になりっぱなしの旅なのでした。
知床めざして、いっぱい、いっぱいお世話になって行ってきたのです。

一日目、早朝札幌に着き、北海道旅の始まり

富良野・美瑛  ラベンダーは終わっていたけれど、
                ずーっと訪ねたかった富良野!
           夢みたいなのだ!
           ラベンダーソフトはンマイッ!
           美瑛にはきれいなお花畑が広がっていた。

旭山動物園   知床を訪ねる旅なのに、最優先にしてしまうほどの行きたかった。71ed3ad3.jpg

  水の中のシロクマのふわふわな毛。
  方向転換で岩をポンと蹴る足のニクキュウ、
  鼻からボワッとでる空気の泡!
   …ハナレラレナイのです。
  
ペンギンだって、アザラシだってぜーんぶいい!
   ほんとに楽しく見せてくれる旭山動物園なのでした。


9cbe1ecb.jpg
7c01b72f.jpg
層雲峡     
道の両側に切り立った岩肌がズーッと続く。
石狩川を挟んで24キロも続いているそうだ。
大雪山が噴火した時の灰が岩となり、長い年月をかけて石狩川が削ってできた地形という、  

見上げれば、ホッホーとインディアンが覗きそうな砦
        
スケールのデッカイはざまをブーンと通りぬけてダッシュダッシュ

ずーっと、ずーっと東の弟子屈が一日目、お世話になりますのお宿なのです。 


at 16:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お出かけ