2011年02月

2011年02月26日

バラの剪定

日差しが春めいてきて庭が気になって仕方がない… ソワソワと…
バラの剪定をはじめた。
2011-02-23 001ちょっとのつもりが脚立まで出して本気の剪定。

ローゼンドルフ・シュパリースホップは生育旺盛で
たくさん花を咲かせる。

しかも花もちがよく、雨にも強め

剪定は思い切った方が風通しも良くなるし…
とは思っても、モッタイナイなぁ…

しっかり芽の位置を確認してはパチン、なかなかススマナイ

そして道路沿いのニュードーン、これはもう、ニョキニョキと暴れ放題!

なにせ、自然派フェンスなので…手がかかる
山・直送の木で、フェンスを組み直してからの剪定なのだ。2011-02-25 002

傷だらけになりながら延々とやった…

イテテとやっていると
  今年も楽しみだよ~ とか
  毎年、みせてもらってるよ~ とか…
通りがかりの嬉しいお言葉

つい、調子に乗った
楽しみにしててくださいね~ と言ったけど

ジツハ、同じく道路沿い、
2011-02-23 007ロココのアーチは絶望的!
大きい所は全部ダメで
おとーにゴシゴシ切られた

アーチの根もと、
チョロッとある枝も復活はむずかしそうなのだ。

ロココは花も大きく、タユタユと優雅で大好きだったのにホントに残念

元気な時のロココ↓benetiann 784

      はぁ~~(T_T)


kazesanyori at 20:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)バラ | ガーデン

2011年02月21日

おめでたいよ

今日はおとーの誕生日
おとーの好きなモノを作ってあげたいと考えた。

が、なんでもンまい!と食べるおとーだからギュっとシボルのは難しい…
なので地元お店やサンと相談なのだ

あったあった!
2011-02-21 008しゅうり貝が獲れたらしい

漁師さんと直結の地元お店はいつも新鮮だ。

数が揃わないけど網に入ったんだ…というような魚は
おっ!と思うほど安かったりする。
たくさん獲れても安いので、総じて安い!

地元・ツウショウ・しゅうり貝は洋風で言うならムール貝、正式にはムラサキイガイらしい

そして、
友達に送って貰った白金豚!
オリーブオイル漬けで真空パックになっていた。
もったいなくてズーッと冷凍しておいた…出番なのだ!

2011-02-21 004貝も肉もの食卓
ならばワインはロゼ!

おたるスパークリングワイン

おとー おめでとう
おめでたいんだか年取ったんだか…
おめでたいよぉ 病気もせずに働いてこれて
そーかぁ… んだなー

foodpic967502シメには これも好物、ホッキ貝のお吸い物…

ホッキは煮ない。

熱い汁の中で一個一個ユラユラしてお椀の中に入れて、汁と具を入れると…やわらかい。

ところで…
誕生日って、
ある時を(いつ?)過ぎたら健康を感謝するよーになるんだな~…

わぁ! またイッコ年増えるぅ…と騒ぐのはワカイのだ

その移行期ははっきりしないけれど

かんぱーい、感謝、 おめでとー と、
シミジミになる  よ… ( ̄ー ̄)



kazesanyori at 20:56|PermalinkComments(4)TrackBack(0)料理 | スロー・ライフ

2011年02月19日

ついにオーラが…

事件はパソコンをしていた時!

視野に違和感… 左手に何かがホワホワッと
ん??
わぁ~~!!
左手中指から上に向かってゆらゆらと何かがタチノボル

あっ!オーラが見える!っ、
オーラが見えた
こんなことって、突然なんだ
吉兆?
瞬時に色々考えた

2011-02-07 004そして、瞬時に分かった。
爪に引っかかった、ホコリというか…
繊維くず 

苦労して、のばしてみた
長い… 
静電気でユラユラ?

コンナのが指からユラユラしたらやっぱりオーラ

しかし、オーラより
ついに、突然にきたっ!と、
フツーに受け入れた自分にびっくりなのだ。
     
       はぁ~~

        



kazesanyori at 19:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)びっくり! | 事件

2011年02月15日

リスが来た

おぉ~! 
今日の庭には
リスっ!!
foodpic948211
 
窓の外、なにか大きなモノが…
 と、見るとリス!

スタコラ逃げていった…
foodpic948234
と、思いきや…
工房をしっかり見学していた。 


見つめていたのは多分、


2011-02-15 005

お花炭にしたクルミ。
それは無理だって





また来いよ~ と
おとーは、
2011-02-15 002野鳥のえさ台に、
本物クルミと栗をのっけた

色々やって来る

我が家の庭の 雑然さ…
イヤイヤ自然志向づくりが…イイかも   
山のつづき?


kazesanyori at 13:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ガーデン | スロー・ライフ

2011年02月14日

困ってる?

三陸沿岸は、冬は風が吹くが雪はあまり降らない。
雪は春雪。
春が近づくと湿った雪が降る。
一昨日の雪が初めての雪かきだった。

2011-01-15 003そんな雪の中、困り果てた様子の…
ヤマバト

この冬は毎日、庭にやってきて、
なんで?って思うほど、逃げもせず、驚きもせず…
ゆったりしたものなのだ。

そして、ホントに困っているようにじっとしている…ずーっと、ず~~っと。

2011-02-09 006豆を近くにパラパラと置くと横目でながめ、
写真を撮ると横目でじっと見。

結論、たぶん老鳩なのだ
急いで食べる力もないのか 
豆は、なんとな~く気がつけばなくなっているのだ。

野鳥は素早い!はず 
けれど…やはり年は重ねるわけで…
老鳥ねぇ~と感慨深い… そっかぁ…

たぶん今、頼られている



kazesanyori at 17:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ガーデン | 野鳥

2011年02月11日

野菜もチューリップも

小松菜が冷蔵庫でクタッとしていた。
foodpic936018早速、アレアレ!

前にテレビで南極料理人の西村淳さんが言ってた。
クタッとした野菜は40℃のお湯につけるとシャキッとするということ

西村さんは南極観測隊の料理人として南極に行って来た人だ
2011-02-11 003行く前の食材の調達のことから書かれている
「面白南極料理は面白い

極限の地、ドームふじで仕事する隊員達を食でサポートするのだ。 ぜひ。

で、シャキッとのこと
生物の細胞は40℃で一番活性化するのだそーだ。
foodpic936019
40℃のお湯につけたら
ホント!シャキッとした。

3分位かもしれない。
水につけるより断然早い!

レタスだともっと早かった。
もう、こわれんばかりにカシャカシャ音がする。

2011-02-04 003だったら…
年末の(28日)アレンジメントのチューリップ
玄関の寒さで咲きもせず…
枯れもせず…
ただ、クタッと…

やってみた
foodpic936024
さすがに手ごわく
foodpic936032





10分かかった。
が、勘・手で感じる40℃
正確に温度を測ったら、もっと早くシャキシャキかも

シャキッとしたチューリップは今も玄関でシャッキッと そのまま…
…どれだけ寒いのだろう チルドかも

お風呂も40℃?…(⌒~⌒)



kazesanyori at 19:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)読書 | 野菜

2011年02月09日

傘福つくった

 傘福作った!
吊るし飾りと、吊るし雛と、傘福の区別がイマイチで…地域性のような気もするが…
これは傘福のつもり
foodpic928818毎年、毎年、
吊るし雛、
吊るし飾りがタワワにぶら下がった映像や写真を見ると
羨ましくて…

そしたら
チクチク達人の友達が吊るし飾りを作ってくれた。


それを眺めていたら、もっと飾りたくなって・・・
去年の夏からチクチクした。


吊るすタイプの傘に天幕をつけた。 傘福だ
天幕は古着の襦袢をほどいて作ったら…
ポタッとした感じがいい。
帯なんかも古着を使うとやはり落ち着いた感があっていいなと思う。

foodpic928821まず、
お祝の時にはかかせないそーで…
舞を踊ってくれる
三番そう



foodpic928871



難がサル 、さるっこ

 



そして、縁起の良いもの色々
foodpic928854foodpic928863







foodpic928855foodpic928867







foodpic928842foodpic928873







foodpic928880foodpic928877







朱色がおめでたそうで、かわいい。

ジツハ、 吊るす場所に困り、ガーデン・ハンキング用フックをヒノキの台にさしこんだのだ。




kazesanyori at 20:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ちりめん | 手づくり

2011年02月06日

世界9万5000キロ・自転車ひとり旅

昨日、石田ゆうすけさんのスライド・トークショーに行って来た。

本や、映画など同じようなところで、いいね~、おもしろいね~とうなずける友達、tenkoちゃんが2011-02-05 005

この本おもしろいですよぉ
と貸してくれたのが
石田ゆうすけさんの「行かずに死ねるか」だった。

おぉ!大好きな椎名さんもおススメなのだ。

講演もすぐあると言う。
それでは講演前に友達にも本をまわさねばと読んだ。

面白い。
2011-02-05 003自転車で7年半かけて世界をグングン走っていく。
一気に読み終えて次の友達へまわし…
改めて買った。

トークショーには石田さんと旅した自転車もきていた

2011-02-05 002世界地図のスクリーンと共に旅を語り、写真と共にエピソードを語る石田さん。
グーンとひきこまれて、スクリーンの中に入ってしまいそうなのだった。



エンヤの歌と共に映したアフリカの映像には胸があつくなった。

2011-02-06 002

渡辺一枝さんが半年ぐらいかけてチベットを馬で旅した時
自動車などの移動は点の旅と思うと…
見て感じて線の旅をする為に馬を選んだと言っていた。




石田さんも線の旅。
自分の足でグングン、ガシガシ大地を進んだ 
世界の色んな状況を走り抜け、生きて帰った
…こわいなぁ…すごいなぁ。

息子も少し長い旅を自転車でしたことがある。
自分がこがなければ進まない…グングンこぐ。
すごいなぁ… 

ふと、気付けば…
横に座っている友達も、かつてグングン旅をしたのだった。  …すごいなぁ…

2011-02-05 007
石田さんのこの旅の食を書いた本、洗面器でヤギごはんを会場で買い、
家から持って行った 「行かずに…」と2冊にサインをもらった。






2011-02-05 006

「行かずに…」は、
グングン旅をしたことのある息子へ進呈しよう。


kazesanyori at 14:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)読書 | 

2011年02月02日

イタリアンなパンダ豆

この頃はパンダ豆コトコト。
パンダ豆をガス台で沸かし、後はストーブでコトコト煮る。
foodpic907408

パンダ豆は例年、山の神の時に豆スットギにしてもらった後は、ついつい食べなかったりする…

ジツハ、ジツハ、ペタンと薄い感じの豆なのでとっても煮えやすいのだ。
煮えやすいということは使いやすい。

ホンのちょっとの塩を入れると甘みがますカンジ。

さて、どう食べよーかと…
カレーに入れたり、けの汁に入れたり、先日はヒジキに入れた。
foodpic907404
乾燥しておいた、おとーの採ったヒジキ、
それと家で作ったパンダ 豆とニンジンが入って…



ヒジキがうまく戻ったね~
 やら、
パンダ豆の目が消えたな~やら、自家製は話がはずむ。

そうなのだ…煮るとパンダ豆の目(?)はほとんど消えてしまい、可愛さ消えて普通っぽい…

パンダ豆…
ついにイタリア~ン
foodpic908032


パプリカとピーマン、オリーブオイル、とんがらし、ハーブ、黒コショーで味付けした。
コンナ感じは私的にはイタリアン!
             good






kazesanyori at 19:05|PermalinkComments(1)TrackBack(0)野菜 | スロー・ライフ