2011年03月

2011年03月09日

ミナミ風は、孫悟空のワッカ

冬の寒さは覚悟が出来ているからなのか…
2011-03-08 005
福寿草も咲いたこの時期、春先の寒さの方が我慢できない

ナントいうか…とても体にコタエルノダ

ミナミ風は頭に染みる 
という母の表現がよ~~く分かるよーになってしまった

は? 風は冷たいでしょ って言ってたのに
浜からの風はクゥ~~っと頭に染みる!

たとえていうなら
孫悟空の頭のワッカが締め付けられたらこんなか?と…  想像だけど

ソンナコンナでここ数年の春先はイマイチ。

しかし、庭の春は
2011-03-08 002

クリスマスローズが一輪、
2011-03-08 003一輪と咲き始めた。

この冬はクリスマスローズに異変!

いつもは古い葉も緑で冬をのりきるのに…
古い葉っぱがカラカラに乾いて
   …カラカラだ    

初めてのこと…どんなに咲くかなぁ…


kazesanyori at 21:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スロー・ライフ | ガーデン

2011年03月02日

大迫・宿場の雛

見たかった!
ず~~と、大迫のお雛様を見たいと思っていて、毎年、今年こそは…と悶々…

行きたいんだと言ったら
 おとーが よし、行くべし と! 
ということで、お出かけして来た
2011-02-28 017

ゆっくり見ようと、朝早く出発。

ちょうど九の市の日ということで、センター前では神楽や餅まきがあるらしく、人が集まっていた。
が、遠くからのお出かけのミナレバ、セレモニーの御挨拶を待っていられないのだ。

さっそく、友達と展示場マップを手にお雛様を訪ね歩く。

おとーは一緒になったり、離れたり…それぞれの楽しみ方なのだ

見せてくださ~~いと声を掛けると笑顔で迎えてくれ説明してくれる。
2011-02-28 026
ほとんどは撮影禁止だが、
お断りの張り紙がない所で
写真いいですか?と聞くと、
何軒かは
どーぞどーぞ
と言ってくれた。 


築二百年のお宅の立ち並ぶ街並みなのだ 







2011-02-28 021料亭だったという、古いお宅の三階までも見せていただいた

ゆっくりゆっくり いい。

嫁ぐ女の子に持たせたというお雛様。

享保雛、古今雛など、時代とそれぞれの物語をもったお雛様。

その昔、日本海側から盛岡方面へ行くために大迫に泊ったという。
人々と一緒に文化も入ってきた一つが多分お雛様だろうと。

説明する人達にも大事にして来た愛情と誇りがみえるのだ。

一軒のお宅に守り袋を見つけた。感激。2011-02-28 022
 
花巻の友達の近くまで来たのに…とか…
あ、矢巾だ 寄りたい…とか… 
日帰りブンブン走行は、ちょっと残念もかかえつつ…

2011-02-28 029それでも、
午後から崩れるはずのお天気もクズレズ、
岩手山もすっきりシルエットで、
よかったよかったと高速をブンブン走った 
    おとーが(^_^)





kazesanyori at 20:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)お出かけ | お雛さま