2011年12月

2011年12月30日

黒豆のこと

日々、あっという間に過ぎて
クリスマスからいっきに今日!みたいなカンジなのだが

でも、お正月準備に慌てているわけではないのです
着々と準備して来たのか…
まぁ、こんなもんでと、都合のいい妥協点獲得か…

少し気持ちに余裕のニンマリ

年賀状は25日にだした
お餅もついた 
お煮しめも作った
そして、黒豆も もうプックリ・つやつや

2011-12-27 036


例年のレシピで、冷めてもツヤツヤ・甘さ控えめ。

2011-12-27 038


この黒豆は残ったら
お赤飯のようにオコワにしたり、蒸しパンに入れたり
素材として使いやすいと思う。
なので、ちょっとおススメ…
というか、
もう、友達たちには、今までかなりおススメしてきたのだ。
 
( チナミニ、どんなレシピぃ?と、オオモイの方は、
  このブログの
   黒豆の仕込みと餅つきの準備  に載ってます )

で、イトコに 煮えた煮えた! とススメタラ
 私は少しコツコツするぐらいのかたい方が好きだな って…イイマシタ

ジツハ、これって毎年イトコと繰り返される、年末ヒコトマなのです。

 (あ! 少しがっかり… (゚д゚)  これも毎年… )

そっかぁ それぞれだなぁと、 
   おススメは ひかえめおススメに変更です。 



kazesanyori at 22:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お正月 | 料理

2011年12月28日

餅つき

今日は餅つきをした
我が家の餅つきは、
いつもどおりの、良く言えば、すごーく歳月の流れを感じさせる臼どんと杵。 古いんです

イベントでもなくてフツーに、杵つき餅なのです。

被災したおじさん達も、毎年ぺったん、ペッタンとついていたが今年はもう出来ない。
杵も臼も流失し、なんにもないのだ。

なので、おとーが
おじさん、叔母さん達の分も餅つくべ と言ったので
5升のもち米を蒸した。

2011-12-27 043



いつもの2升づつを
2升5合づつ2回で蒸そうとしたら…ダメ

入れ過ぎらしく
全然 蒸気が上がってこなかった。

おとーが  減らして3回にするべと言い、
  蒸気が上がんなきゃねーと、3回で蒸し、

餅つきも3回。
おとーは どっすん、どっすんとつき。
私も今では、ハイヨッと 軽妙な(?)アイの手なのです

2011-12-27 050


時々、杵がメキッ!とかいう…
  おとー、メキッていった…抜けてこない?
  いってねー
  聞こえるよー  ホラッ! 今っ! 
  いってねー
  …… 笑ってるし…


2011-12-27 046
そんなコンナで
できた!










今年は、いつもの のし板も被災してしまったので、おとーのアイデアで
あぶら紙のような物(??)に 餅を伸した。

2011-12-27 047

こんな紙。












左上にはもう一回目の餅がお休み中。

おとーは まぁ、だいたい、
何でも集める人なので 思いがけない物を持っていても不思議ではナイのだ。

これを切るのがまた 大変なのだなーと、

少しだけ復旧した工房でジャガイモを焼き、イップク(ひとやすみ)なのです。

2011-12-27 054
工房は たくさんの海水が入り 
愛用の電動糸のこも 鋸くず用のバキュームも、ベルトサンダーなども被災してしまった… 
なので、今は何もなく、手作りはお休み。

今日は、餅・作業工房になったのでした。






kazesanyori at 17:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スロー・ライフ | お正月

2011年12月27日

あんしん、安心。

さて、その後の丸太。

製材所に運ばれた、和室修理用の丸太は
大工のおじさんの立会いのもと 板になった

2011-12-23 004


2011-12-23 003


製材された板を、倉庫の方へ運んでもらい
それを、おとーとおじさんは乾かす為にきれいに並べた。

2011-12-27 016


お日様を浴びて、木の香りがいっぱいしそうな光景。

キチンと揃って、
やはり、こういう乾かし方にも
大工さん的・伝統きまりがありそうに思われるタタズマイなのだ。

2011-12-27 017


目標  雪の降る前!
雪の降る前に木を切り、製材し、干したかった おとー。

忙中に閑なく…
年末、連日、大忙しの中の、大忙しを 雪に追いつかれず勝ったのだ
(まぁ、この辺りはホントに降るのは春先なんだけれど

とりあえず、おとーは本当に安心したと思われ、

和室の穴に落ち、足を引きずって歩いている私も、
穴ふさぎの材料確保に あんしん、あんしん








kazesanyori at 20:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)山仕事 | スロー・ライフ

2011年12月20日

すごく痛い…

家の和室。
まだ穴で、やっと修理用の木を切り製材所へ運んだのは昨日。

その座敷、穴とはいえ、根太の上には 移動用の為に所々に板が敷いてある。

今朝、ユダンした!
荷物を持って踏み出した足の先に板はなかった…

えっ?  と ダ、ダ、ダーンの衝撃はほぼ同時で、
そして、少し遅れて、
骨を折ったか?と、トニカク部屋へと、
ズルリと床下から這いだし、ズリズリ、う゛ーっ、は一瞬だったような…

痛くて大きな声が出て、うめきながら、おとーへ電話したらちょうど帰って来た。

う~ン、う~ン、腿の骨が折れたと思うよー と泣く、唸る

しばし、安静に様子を見、
足とか動くから打撲だべ と、おとー。

おとーは言いました。
腿でよかったし、打った角度も(?)良かった。
腿はクッションがあるからいいけど、脛を打ったりしたら折れたな、
 痩せててもダメだったべナ 
 だって。

ヘンに納得した私、
そっかあ… ころぶ瞬間に誰かが スッとクッションを入れてくれたようなのか…。

2011-12-17 016おとーは、   うん、肉のな…  
と、湿布を貼ってくれた。

なんと言われようが、年末に折れなくれ良かった。
  …でも、痛い~~。

痛さで足を曲げられず、ズリズリと労わり・歩行なのだ。

おとーは、
この頃、重くなったって言ってたべ(体が)、このためだったんだ、
今で良かったんだ  わはは
と  イイマシタ 



kazesanyori at 19:35|PermalinkComments(3)TrackBack(0)事件 

2011年12月19日

木を切り出す!

津波で被災した、我が家一階部分。
和室の畳はもう、どうしたってどうにもならず…
和室5部屋分のタタミ、46畳を捨てた。

そして、根太だけにしていたが
8月になってボランティアさん達に床下の泥だしをして頂いた
2011-08-04 003
          ↑ ボランティアさんたち

それからも、ずーっと穴が開いたまんまで、
今は廊下もまるで外のよう!  寒い!

なんで? 
どうして、穴のままだったかと言うと…

床下の海水のジメジメは手ごわく、その乾燥もあるが、
   木は 秋、冬に切るものなんだって!

つまり、なーんと、
おとーは家を直すのに 木を切り出す所から始めたのだ! 

冬になり、木を切り始めて…
2011-12-17 014


ついに!! 
今日、クレーントラックの丸太積み屋さんに積んで貰った!!
2011-12-17 013

丸太は製材所へ運ばれいった


しかし、です

じいちゃんは炭を焼いていたし…
おとーも、おじさん達も山が好きで、木の枝降ろしや、薪作りなど、山と共に…の生活だけど

あ、生活? ではないか…  山仕事? 山趣味?

そんな、田舎の生活にあっても
木を切り出す所から始めるって… ナカナカ、ないかも。


茶の間には この木がいい  なんて、色々考えながら切るらしい。
チナミニ、この家の時も木の切り出しから取り掛かったらしい

木を植え、育て、利用する。 原点だ。
体は大変だろうけど、きっと、おとーの充実感はデカイ  
       
とにかく、木を切って、 やっと、動きはじめたのです






kazesanyori at 21:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スロー・ライフ | 山仕事

2011年12月12日

高きびのウキウキ団子

イトコが小豆の選別をしていて、はじいたもの…
つまり、売るにはちょっとね~…の小豆でコシアンを作って来てくれた。

通しあんを(コシアンのこと)作ったからナンカにして食べてぇ
ウキウキがいいかなー
いいんでなーい?

foodpic1857548ウキウキ団子にピッタリな物、ありました!

友達ん家で育てて製粉した 高きび粉。

自家製粉・高きび粉は、もち米粉も混ぜてくれているので簡単に使える。


ぬるま湯で湿して、捏ね、クルクルっと丸めて、指で押す。

2011-12-04 009

この形から、へっちょこ団子っていうところもあるが

たしかに、ヘソあり

ヘソは煮えやすいように、真中を薄くするんだと思う。

ウキウキは 団子が浮いてきたら煮えて食べ頃めやすだべ、
んだからウキウキ団子だ  
   by おとー 



イトコの通しあんと友達んちの高きびと 
2011-12-04 017

こういうのが、めざすところのうれしい食事なのだね。
    (貰ったからではなくて…  )

今年、我が家の豆は 黒豆、茶豆、ぱんだ豆。

津波でアヅキの種がダメになり、
買っておいた種もないなーと探し、しつこく探して、そうこうするうちに時期も遅くなり、植えなかった(豆係長・おとーが
 
濡れて捨てたのを思い出したのは 余ほど後だった (私…

 やはり アヅキはンまい!

来年はまた、 ぜひ、アヅキもつくって、
       作る、食べるの贅沢を





kazesanyori at 19:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)料理 

2011年12月11日

皆既月食

満月が地球の影にすっぽりと入ってしまう 皆既月食進行中!

太陽 地球 が一直線上に並んで地球の影が月におちる デカイ話し

だいたい、宇宙のことがすごく興味があって、
ニュートンは愛読書。
宇宙特集などが載るとよく理解できないながらも、分かりたいと思い一生懸命読む。(頭がモシャモシャニなる
TVでもコズミックフロントなども欠かさず録画、ホォ~、へ~と知りたい、知りたいと見る。

ほんとに 計り知れないスケールのでっかさに打ちのめされ、驚異にひかれる。

宇宙の始まりはビックバン。
ちょっとちょっと、ビッグバンの始まり点はどこにあった? そこは宇宙とは呼ばないんかい?  とか

宇宙は加速膨張し続けている 
おぅ! それはどこのどんな所に膨張できるのだ! その外はなに?
など、モヤモヤっとしてきて 

分からないで死んで行くんだなと思うと、残念で、
わずかなエネルギー体、チリになってでも宇宙を一回りし膨張の果ても覗きたい。(その時は見渡せる大きな感覚をもっていると思う

熱くなりましたが そう、今夜はきれいな月夜の皆既月食です

カメラが使いきれてなくて…イマイチ
地球の影が月に落ち始めた

2011-12-10 002

2011-12-10 005

2011-12-10 008

ずいぶん欠けて来た
2011-12-10 012

もうすぐ隠れるよ
2011-12-10 015

隠れたら
2011-12-10 027
神秘的! 赤くなった
これは、地球の大気の層で屈折したわずかな光りの影響で赤黒く見えるのだそうです。 隠れたら見えるって不思議~
2011-12-10 026

パジャマでウロウロ寒い
今、やや真っ黒。肉眼ではまだ赤黒い月なのにカメラにはこんな感じ 
2011-12-10 027

12時14分、無事月も戻ってきて 良かったよかった(逃げてないし…)
2011-12-10 044
地球の影は月の上を通リ過ぎていくので、欠けた方から光って行く 
ナットク

by
パジャマでウロウロ、すっかり冷えびえ観測員
風邪薬を飲んで寝なくちゃ


kazesanyori at 00:27|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2011年12月10日

片づけの覚悟

こんまりさんはキレがいい
片づけるって積み直すのではなく、ズバッと捨てることらしい。
片を付ける!

こんまりさんが手がけると、どんな部屋にも空間が生まれる。

あまりの捨てっぷりのよさに、捨てられずにため込んだ性格としては
 よーし! と、いざ、こんまり流には、踏み出せないのだ。

あれは、捨てるを前提に必要を拾っているから… う゛っ!

それでも、12月、そろりと棚の片付けを手掛けたら…

お~、甥っ子達に買った時の家用ストックがでた!
…テーブルへ戻り…

2011-12-04 022

 むいたら楽しい。
2011-12-04 023

2011-12-04 024

2011-12-04 027
ラリーだって

チョコなのか おもちゃなのか… あ、食玩か 

結局、チョコをバリバリ食べて片づけた だけだった。

呑気そうだが、ジツハ悩み中。
この頃は、収納にも限界が来ていて、
片づけると取り組んでも、整理し直し、積み直し状態。
きれいに移動しただけの繰り返し 

いささか、困りはてている。

やはり、こんまりさん流でなくては空間は生まれないのか…
        大きい覚悟が必要

kazesanyori at 20:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)家事 | 家事

2011年12月07日

フライド・グリーン・トマト

DVD  フライド・ グリーン・トマト 好きです。

前にテレビで観て、それから録画を繰り返し観た… って、4回かな?

老人ホームを訪ねた中年の女性が老女と知り合い、老女が話す過去の話にひかれて、たびたび老人ホームを訪ねるようになる。
エブリンとニニー。

老女・ニニーは ドライビング miss デイジーの ジェシカ タンディ です。

昔、1930年代の南部で食堂を開いた二人の女性をめぐる、
人種差別や友情、出来事が、老女の語る回想シーンとなり、ホームで知り合った二人の女性の今とが並行してすすむ。

人種差別やルースの結婚にまつわる話・事件はすごくコワイ。
実際、コワイ時代であったのだ。 

それが マンネリした日常に不満を抱えつつも お人好しそううなエブリンによって 全体印象が 明るいように思ってしまうよーな

特に、ラストのエブリンがニニーにかける言葉で優しい気持ちで観終わる感はある
 
foodpic1842119


DVDもあるかなと思ったら… 
もうすでに廃盤になっていて、驚くようなプレミアム価格だったのだ
 ああ~、ムリムリと諦めた。

が、多分、再販のリクエストが多かったのでしょう
コノタビ、めでたく再販になった
2011-11-26 025
 
予約して、届きました 

2011-11-26 026
セピア色なトマトは イジーとルース。

 また ゆっくり ミマショ。




ところで、
この映画で初めて知った、1930年代の南部、二人の食堂で出されていた フライド・グリーン・トマト。
  
どんな味かなーとすごく興味があり、作ってみたいと色々調べるうちに
 どうやら、トマトが日本のトマトとは違うようなのだ。
水分が少なく、果肉が多いトマトらしい。

青いトマトって酸っぱいでしょ… 酢は好きだけれど、果実系すっぱいは苦手だから …どんな?

なんかな~ と作りたい気分、終息 シマシタ。

 
   






kazesanyori at 21:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 | 料理

2011年12月04日

冬も、ポーも

秋じまい…をしていたら、いつの間にやらスルッと冬になっていた

しかし、大丈夫! 
庭はすでに準備万端。
山野草やバラの鉢も、温浴ならぬ…土浴なのだ。

2011-11-29 029



寒さに強い鉢物も、冬のからっ風で乾燥するので、毎年、鉢は土浴させ

そして、鉢土の表面にパサポサッとカラマツの落ち葉をのっけてあげる。

カラマツの葉っぱは、寒さと、水分対策なのだ
普通の落ち葉だと、その表面に水分が留まりがちだが、カラマツの葉っぱは水分が細やか、確実に供給される と イトコに教えてもらった。

これで 庭は冬・どんと来い!仕様。

と、おとーから電話が
    おかー、ポーが家に向かっている! 

…そう、おとーは数年前にポーと名付けられた白鳥を知ってから、白鳥は 全部、ポーと言うのです

おっ、もうすでに ポーの鳴き声!
スワッと上空に向けたカメラ!

2011-11-26 028


我が家上空、25羽・ポーが通過。
        冬も、ポーも 来た
               



kazesanyori at 20:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ガーデン 

2011年12月01日

クリスマス お菓子の家

昨日のお菓子作業のお楽しみは
クリスマス お菓子の家。
foodpic1823188
                      by  M

問題は、クッキー生地の型ぬきなのです。

なにしろ、焼いた後に 建築をするわけで、壁の接点は良くくっ付くように直線でありたい。

シートの上で生地を伸ばし、余分な所を取り除き、シートのまま鉄板へのっけるのが goodでした

生地を有効に使おうと、型をビシビシ、くっつけて抜いてはイケマセン。

ビシビシくっつけての有効利用は…! 
くっつけて焼くわけにもいかず
離すために動かすことになり…生地がビミョーに伸び、
     それで結局、型の抜き直しをしたのだ

焼いて、建築し(くっつけて)、デコレーションして、出来た!
foodpic1823150
              
でっかいツリーと、庭であそぶ天使             by me

クリスマス村だ!
foodpic1823154


ところで、昨日のジンジャーブレッドの コーギーですが…

ずっと、ケンケン、ゴウゴウ、ワハッハと検討してたのは
コーギーは 前を向いてるか、横顔なのかということ!

耳が二個だから こっち向いた正面顔だよ~ 
と、きっぱり言ったのは私。
そうぅ? と、うたがいつつ、正面顔を書いたのは友達・M

で、コンナ コーギーになったのだけれど(⌒∇⌒)
foodpic1819472

今日、型をよーく見たら、耳の形が 少し違うのです
見れば見るほど 耳二つではなく、鼻と耳! 横顔だ!
          …ゴメンナサイ…

確かに…ずーと横向いて歩いたら ミッフィーちゃんだ

     




kazesanyori at 21:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)お菓子 | クリスマス