2014年10月

2014年10月17日

思いがけないドライブ

おとーの 二戸出張はよくあるけれど、
会議が10時から12時頃まで という短時間出張もよくあります。

そんな日はついていって おとーの会議が終わるまで
ウロウロとあそんでいます。

で、一昨日の台風一過の晴天の日、
ついていきました。

おとー、いわく
今年の紅葉はイマイチで色がのらなかったそうです。
02

いつもなら 会議が終わるまで
二戸で待ちながら遊び、丹市パンを買って帰るのがコースなのですが

おとーが
今日はこの先、一戸方面へ行ってみたら…といったので、
ほーほー、と走ってみました。

が、よく聞いてなかったのだね、

あっという間に一戸を通り過ぎ、
ん?ん? と不安になって 
不安は確信。

戻ろうかなと思ったら チラッとイオンの看板が目に入った。

おぉ~! もう少し走ったら渋民のイオンにいっちゃうのか? 
行ってみようー! 

これが、長いドライブの始まりでした(笑)

まーいいかー と、
ナビに入れる間も無く走り続けたら 
やがて、石神の丘!
29

そう、もはや、岩手町なのだ。
岩手山が見えて来ました。

48

おとーの会議が終わる12時を考えると 
片道40分がリミットです。

しかし、残念。 
と、いうか、
もともとが お気楽な走りです。

もうすでに45分走っているので終了~!

多分、目前であろうイオンには 辿りつけずにUターンしました。

しかし、気ままに走った気分はとっても爽快なのでした。

帰り道は、
石神の丘や、産直サラダボール(?)で買い物をして 
12時20分頃におとーと合流しました。

秋晴れの中を グングン走って 岩手山を見てきたんだよ!と

一戸町内に入るべく 
右に曲がらなかったことなど無かったかのように

おとーの 少々の呆れ顔もモノトモセズ
武勇伝をブンブン、しゃべり 

龍潭酒家の白ゴマ担々麺をズルズル ほおばったのでした。

帰って、
久しぶりに二人で野田塩ソフト
28

海を眺めながら 食べました。
台風一過の海はまだ時化ていて 
工事中の堤防に波が砕けていました。
23

波しぶきが飛沫になって飛んで来て 
顔もスマホも塩辛くなった。

思いがけず、一人でグングン走った 新し方面道・ドライブ。

このところ数日の訳の分からない(お天気?) 
イライラもスカンと消えていました。 

な~んじゃ、道は続いてる!みたいな…
爽快でした!! 






kazesanyori at 20:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スロー・ライフ | お出かけ

2014年10月08日

皆既月食

驚いた!
ブログの更新が一ヶ月ぶりです! 
あっという間に一ヶ月たってました。

しかも、今夜のメニューは 
一ヶ月前と同じ、フライド グリーントマトという偶然。

しかし、今日のメインは お料理ではなく
やはり! 皆既月食です。

現在 皆既月食ちゅう。

マイカメラ的・きれいな写真がとれてます。

まず、今日の月の出は でっかい、黄色の月!

2014-10-08 008


そして、お月さまは 
まるで、雲で月食の練習をしたかのように…
2014-10-08 009

雲に隠れて…
2014-10-08 010

やがて、出て来た時は 
ヘタをつけたミカンのよう。
2014-10-08 011

さて、さて ホントの月食は…
気がついたら もうかけ始めていました。
2014-10-08 018

ジワッとススミ
2014-10-08 023


2014-10-08 025

じわじわっと、全部 かくれて赤くなった。
2014-10-08 037

そして、いま
目では見えてるんですけど…  ありゃりゃ
2014-10-08 040

暗すぎて、マイデジカメでは
捉えることが できないのです…ぐすっ(涙)

ナントカ写したくてがんばったけれど、
すっかり冷えてしまいました。

今夜はとても寒いです。

なので、
夕食後・皆既月食・デッキで観察会は一回、終了。 です。

  ゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

ここから 数分後の  追加撮影
  と、撮れました!

8時21分のお月さま。
暗いです。

2014-10-08 045

梅干し… みたいだ。

8時31分の お月さま 光はじめた!
2014-10-08 048

地球の影をみたわけで 
今夜は宇宙な夜。 

ぼんやり赤いお月さまは
なぜか いつもよりとても立体的に見えて
浮かんでいることが とても実感できる 宇宙な夜。

あの影のフチって世界のどこだろ・・・
…なんて考えて観てました。

すっごく、寒い夜です。 
夕食後・デッキで観察会 おわり。



kazesanyori at 20:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スロー・ライフ