2016年02月

2016年02月29日

岩手山SAの 岩手山のメロンパン

おとーが盛岡へでかけまして

おみやげはこれ!
foodpic6806612

パン だいすきです! (も…)

大きなトレーにのっかったパンを
そのまま大事そうに持ってきてくれました

特にの、オススメはこれですって!
foodpic6806613

岩手山の形のメロンパンで大人気だそうで


わたし   へ~~、 ?、
      岩手山って こんなだったか?

おとー   ツーンとトンガってだったけど
      持ってくるうちに つぶれた  と。

岩手山SAで買ったそうです。

で、 トレーを透明な袋でフワッと包んでくれたのに
… へこんじゃったらしいのです。

そうなると、元の形がしりたくて調べたら
見つけました!

ドラぷらの
東北サービスエリアのパン特集では
こんなでした!
tohoku13_400

おおぉ~~
雪の積もった山ですね~ (^^)

数量限定販売らしいです。

おとー
メロンパンにはね~
メロンが入っているわけではないんだよ~

などと言いつつ 切ってみると

もっと つぶれた!! ^^

foodpic6806615

クリームが入っています
そして…
メロンの香りが… する…♪

そう、濃厚なメロンクリームが入っていて
メロンをたべているようです!

おいしい!
メロンパンはメロンでできている? かも。

おとーは帰りに買ったので
下りの岩手SAで買ったわけですが
 
どーやら!

上りのSAには ホイップクリームの
岩手山メロンパンがあるらしいのです。

SAは どうやら 要チェックですね。

アップルパイもクルクルパンも
焼いてサクサクいただきました♪





kazesanyori at 17:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スロー・ライフ | パン

2016年02月27日

万華鏡美術館・辻輝子

前のつづき

秋保温泉・瑞鳳で
バイキングを たらふく堪能した翌日は
瑞鳳に荷物を預かってもらい

轟峡をながめつつ テクテクと
万華鏡美術館へいきました。

IMG_1209_400

万華鏡をさわってみたり、覗いたり
たのしい美術館でした。

わ! いきなりのお出迎え
IMG_1072_400

なんと 頭の後ろから覗いて
手にもっているタマを回すと

ほら! 万華鏡!
IMG_1074_400

ここでは 写真もオッケーなのです。

自分が覗き込むと
顔を取り込んでの おもしろ万華鏡もあったり
ワハハな 万華鏡登場なのだ!

万華鏡には作者があって
作品には名前もついているなんて
知らなっかた世界でした。

アンティークなもの 今のもの、
世界中の作品がそろいます。


そして ここで あたらしい出会いがあったのです!

万華鏡美術館には 

陶芸家の辻輝子さんの
作品や万華鏡が多数展示されています。

自然の動植物をモチーフにした作品!
もうもう、どれを観ても ドキドキして

静かな世界なのに、興奮してみていました!

万華鏡感の売店で

佐野美術館で行われたという

卒寿記念 陶の華 辻輝子の世界 の
図録を買ってきました

foodpic6802456

北大路魯山人や
棟方志功や
岡本太郎…名だたる方々と交流をもち
今も創作されているらしいのです。

さるとりいばらや はんしょうづる
つるりんどう つばき
とんぼ かに など

作品の表から蓋へ 中へ 自由におどります!

オソレオオクも 言わせていただくと…

息子が小さい時に編んだセーターでも
編みこみ模様を
前から たどって 後ろまで
おもしろく遊ばせたりしていたので

もうもう♪
そんな 自遊は!好きでたまりません

辻輝子さんの活動や作品を
多く知りたいとおもいます。

さて、美術館の思い出に
アメリカの作家さんの
オイルの万華鏡を買ってきました
IMG_1222_400

のぞくと…
foodpic6802466

きらきらと ピンクの世界

foodpic6802468

そして仙台へ戻り
アーケード街をアチラコチラ 歩き

IMG_1139 - コピー_400

ここ壱弐参横丁には 
アジアンなお店が数件ありました
アジアンなバック、ブレスレッドなど 買いました

アジアン  すきです。

IMG_1126 - コピー_400

LINEのお店も のぞいたり

foodpic6802459

ランチはロイホ… っていうんですって…
ロイヤルホストで 

昨夜の食べ過ぎを 反省し
軽く
エッグベネディクトでランチ(かるくない?)^^
foodpic6802447

ツレも 軽く… 軽くない? (^^)

foodpic6802451

帰りの新幹線で

また、軽く (^^) 夕食…
foodpic6802462


可愛かったので
ご紹介!
ディズニーのお店のツムツムスプーンです

foodpic6802458

foodpic6802463

ダンボは妹の おみやげになったのでした。

ツムツム かわいいね。


















 


kazesanyori at 17:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スロー・ライフ | 旅行

2016年02月24日

秋保温泉 瑞鳳でバイキング

先週のこと
仙台へ出かけるきかいがあったので

それなら 再び 
ホテル瑞鳳のバイキングをたんのうしたいね!

ということで 行ってまいりました。

foodpic6794123

エレベーターも
テンションあがります。

foodpic6794137

瑞鳳のエビ・カニ海鮮フェアです!

だからかな?
ずーっと予約いっぱいでやっととれたのでした。

foodpic6794147


エビ・カニがたくさん食べたいわけではなくて

やっととれた予約が 
じゃらんのエビ・カニだったわけですが…

いや~~、やはり 瑞鳳の夕食バイキングはすごい!

牛タン、寿司、てんぷら、ぜーんぶ シェフや板さんが
その場で焼いたり揚げたりしてくれる
できたてバイキングです。

IMG_1050_400

仙台での用事がながびき
少々 遅く瑞鳳に到着した結果は…

夕食時間の終わりを気にしつつの

さ!たべるぞ! 全開になり
いきなり、テーブルにドーンと 集めちゃいました! 

foodpic6794115


いきなりこんなです!

小鉢ものも どれも おいしそうです。

foodpic6794119

みためも嬉しくって
盛りつけって とてもだいじ。


foodpic6794121

foodpic6794029

foodpic6794104

ひゃぁ~~♪

foodpic6794111


手前の白の丸い器の中は エスカルゴでした。
んまい!!

奥の小さなカゴっぽいのは 白子のあげもの

グラスのエビも、あんこうのともあえも んまい!

IMG_1042 - コピー_400


やはり、ビールもないとね。
かんぱーい!!!!  
グビッと 

おとなりテーブルはカニのカラがやまもり!
大学生のテーブルもカニの山!

私達が カニにとびつかないのは
地元で いつも茹でたてのカニを食べ、
カニ味噌も
指でグリっと甲羅からすくってたべてるからだねー

などと グビグビ パクパクしてると

そしたらね、 女性のスタッフさんが
 あと少しで 
 ネタ切れになったものの補充は
 おわりますのでぇ~~って
 
テーブルを回って 優しく言うのです…

入るのが遅かったからね

ここで、すこし まちがえました!

バイキングは 食べ終わったら次をとってくる!

まんぷくだからといって
残したりしてはいけません!
と ご存知のルールです!

が、
もうすぐ終わりですよ~~ の言葉は

あっ! 美味しかったのをまた食べよかな…
あっ! まだたべてないのがあった! と、

とりあえず、取って来なきゃ と背中を押した…

海老天なんて 熱々、さらに3本!!

またテーブルはいっぱい!

IMG_1039_400


これも エビかカニのエキスが
濃厚に溶け込んだクリームソースで
本当に!
おいしかったのだけれど

気が付くとおなかが…いっぱい…

持ってきたものは食べないと…と
頑張るものの・・・ 

もっと おなかがいっぱい…
もう はいらない!

でも のこせない!
さらに!おなかがいっぱい!

ツレはもっと つらそうで…
もう何も 一粒も無理そうで…
声も出せなそうで… 
戦力外になっていた!

わたしも
もう ノドまでもイッパイだけれど

とりあえず・・・ たべないと
バイキング様に 失礼なので…(汗)
がぶっと、サワっと すごくアラク食べ

フラフラで おえました。

反省…

敗因は…

おそくチェックインしたことに加え

( …なぜなら…
 瑞鳳へのバスも渋滞で遅れ
 信号で停まるたびに ツレは
 牛タンが一枚減ると イッテマシタ ^^)

そして イケないのは

食べたら 持ってくる ではなくて
いっきに 集めた…カンジ…

気持ち悪くて
温泉には入れたのは さらに遅い時間でした。

もう、瑞鳳バイキングは ないな… と
つぶやいたら

ツレは 
また、こんどは
ちゃんと うまく タンノウしようと
イイマシタ…
               つづく






 







kazesanyori at 16:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | スロー・ライフ

2016年02月12日

手作りおひなさま

ずっと前に作った お気に入りのお雛さまです。

飾りました。
IMG_0928_400

去年、金屏風が ばっさり真っ二つになるという
ハプニングがあり どうしたもんか…と 思案。

金色の布リボンで両側から折り代をかんがえつつ
補修し、なんとかなった…かな?  です。 

IMG_0930_400

この お雛さまは…
というか、
作ったものは たいてい大好きなのだけれど
ほんとうに! おきにいりです。

みるたびに
いいね~~と 喜ぶ テマエミソ(^^)
ほら! 
やさしいですね~~ ジガジサン(^^)

おビナのホウは おばあさんの帯でつくってます。 

思い出の布を
また眺めています。

IMG_0931_400

前は
一年中 クリスマスを飾りたいと思ったものでしたが

いまは、
一年中 お雛さまをかざる部屋をつくりたい。

お雛さまのうしろには
ともだちにつくってもらった 扇もつけて
さるっこたちを吊るしました。
 
いっこいっこ、あちこちむかせて 
楽しそうに わんぱくにあそばせました。
IMG_0932_400

そして、部屋には 
まじめなエンギモノさるっこを
ちくちくして
IMG_0919_400

どーんと つるしました。
IMG_0916_400

どーんなんですけどね…
どーん感が でてませんか?…
IMG_0917_400

どーん!













kazesanyori at 17:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お雛さま | スロー・ライフ

2016年02月08日

映画 オデッセイ

映画 オデッセイを観て来ました。

特に!
宇宙の映画はスクリーンで見たほうが絶対!
と思っているのでgood!でした。

火星に置き去りにされた植物学者の宇宙飛行士の
サバイバルなストーリー。
magc160205-01-thumb-720xauto_400

前に 観たゼロ・グラビティは
宇宙の荘厳な静けさ 美しさ 怖さがきわだち
とりこまれていくような緊張感がありました。

オデッセイは 火星にとりのこされた絶望感かと
思いきや… あかるい。

生きていくために 目の前の困難を
工夫してクリアしてくのが
時にユーモアもあり 前向きなのです。

科学的なことは解らないながらも
おォォ~ です。

あと、なんていうか…
観測衛星だって はやぶさだって 
パイオニアだって
ボイジャーだって 

飛ばしたものは ぜーんぶ地球で把握出来てる
開発者たち、NASA…スペシャルな叡智の
イマサラナガラの確認をイタシマシタ。

ネットで連載された小説が評判になり本になり
映画になったのだそうです。

映画は好きで時々見るのですが
地元にも、近くにも映画館はありません。

映画を観る時は 八戸市…というか
おいらせ町かな? 

まぁ、ひらたく言えば八戸まで観に行く…です。
IMG_0890 - コピー_400
 
せっかく映画館に行ったので
スターウォーズの公開時に買わないできて後悔した
スターウォーズ新聞を甥っ子たちに買って来ました。
IMG_0910_400

公開時は全部そろった新聞だったけれど
今あるのはNO.5だけでした
まぁ、いっか^^

八戸まで観に行くとはいっても
買い物しながらの 少しのお出かけ感ありで
ちょうどいい たのしみ距離感かも。

そんな八戸の帰りにいつも
車をとめて海を眺めたくなる
わたくしポイントがあります。

ちょうど そこにさしかかった昨日
水平線にボワッとオレンジの光が!

ズームすると 大きな船です
お日さまに照らされて ボワッと光ったのです。
IMG_0891_400

どこからきた? 
乗ってるひとはなにしてる?
こっちがどんなにみえてる?

想像が あれこれたのしい。 

と、船の正面から作業船が!
IMG_0900_400

あぁ! ぶつかりますよう~

私の注意喚起をよそに ことは静かにすすみました
 
ほら!
IMG_0902_400

IMG_0903_400

IMG_0904_400

ここは かつて 鉄腕ダッシュのソーラーカーで
国分くんたちが立ち寄った 八木港のあたり。

IMG_0908_400

こんな道路端で ひとり楽しんでました^^






kazesanyori at 15:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 | スロー・ライフ

2016年02月03日

おばあさんのパッチワーク

おばあさん、

明治の終わりに生まれた
おとーのおばあさんは
ずっと着物をきてました。

おばあさんが
もう捨ててもいいよって言ってた古いモノたちを
何かにできるかなととっておきました。

色あせた長めの羽織…

裏返したら なんとすてき!
色鮮やかにパッチワークです!
IMG_0854_400

手縫いで ちくちく 布をだいじにつなげています。

早川ユミせんせいのワークショップで
ちくちくのあったかさ 
ときはなたれたような自遊な(あえて…)表現に
すっかり魅了されているわたしは
これ 着たい! 

ネルっぽい布は おばあさんも
寒い時にかさねぎしたのでしょう
思いのほか あったかいんです。

どれをみても 布をはぎあわせたり
破けをつくろったり、ほきょうしたり
布を大事にしてきたことが よくわかります。

スマホをいれようと ぽけっとをつけて
IMG_0855_400

華やかないろもほしいな…と
背守りのつもりをつけた ^^
IMG_0857_400

おばあさんの ひとはり、ひとはりを
思うと
フワリとうれしくアタタカイのです。

おとーも かっこいいね~ です 

でも、ポケットにつけた 
布からみつけた金魚のアップリケは…

チョキンギョ(JA…)みたいです (^^)








kazesanyori at 12:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スロー・ライフ | 手づくり