手づくり

2017年03月26日

二人ともヘロヘロ…

昨日から本格的に

大工だったおじいさんの手作りの家…だった…
古い小屋をリフォームするべく壊し始めた

IMG_5582 - コピー_400

昨日は、
大工おじさんとおとーは
屋根にのぼって べりべりと壊し始めて
2階部分の床に どすどすと落とし、

さらに、そこから地面へ ほおる。

少しでもなんか手伝えるかな…と
ウロウロしていたら
屋根材の釘つき板を 地面へ投げ落とす係になった。

本格採用になって、
本格的に働いたのです((=゜エ゜=))


おとーが 解体前の古い小屋から
懐かしいものを出してきました。

ずっと前に おとーと作った 丸太の椅子!

IMG_5586_400

太い杉の木を 二人で皮をむき
おとーがチェンソーで 切った!

すごいね~ (拍手)

IMG_5588_400

とても大事な椅子だから
本当は室内用なんだけれど 

とりあえず、
今はデッキにおいて

10時と3時の いっぷく(休憩のこと)の時に
活躍中なのです。

今日の3時は

IMG_5589_400

こんがり焼いた たいやき!


昨日の屋根解体に続き、
今日は2階部分の壁部分の取り壊しです。

たまたま!
庭にいたら…
ふっとい梁が ドドド~~ン!と 下に落ちた!

おとーはびっくりして 叫んでた!

中側に倒すはずが 反対方向におちたそーだ。


危ないから 近づくなよーー!!  と。


思ったほうと反対って Σ(゚д゚;)!

歩くところを整理してあげようと
けっこう 小屋周りにいたけれど

目撃したし…
近づけないよ…  Σ(=゚ω゚=;)



たぶん、
きのう、今日の仕事はとても大変だったらしくて

二人とも もう、夕方にはヘロヘロなのでした

大工おじさんは
大工さんなので(もちろん)、カシラで、リーダー

年齢もリーダーなので、
とても疲れていると思われ…

疲れによる 二人のけがも 心配…  デス。






 






 

kazesanyori at 17:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月15日

修復師のように

修復師のように…

と、
言うのはちっと

いや、
だいぶ、大げさですが(^^)
チクチクしてます。

お店で古布をみていた時に

なんとも豪華っぽい、
半襟のよーなものをみつけた

image



それは、もう劣化していて

刺繍の金の糸が

アチコチアチコチ
ほつれていて

たいへん!


image


でも、
ほつれたまま
切らずに売っているという事は…

ふーん…



誰か、直して使ってくれるかもしれない!

という
古布の大事さ、
期待度が伝わるよーなのだ。

少し直して、鑑賞する事にしよ!


image




image


金の糸は線を描き、
赤い糸でとめられていたので

なんとかなるかもとしれないと

ゆっくりと、
前のデザインを想像しつつ
金の糸をのばしてみる

が!

きれてしまったのだね…
足りない…(. .)


これはもう、
好きに糸を遊ばせるしかないのだ


慎重にチクチク修復師。

できた!

ある糸をすべて止めて、
ここまでなのだ!

image



image




赤に豪華な!



豪華だったらしい片鱗の刺繍ですが、

なんとも素敵な半衿(?)

これは、
ちりめんものなどを飾る時の

飾りとして活躍しそう🎵


古布を出した人に

修復師が(≧∇≦)
直したよーって 教えてあげたいな(^^)






































kazesanyori at 15:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月26日

そっくりでもチガウ

これは毎日使っている

カバの木の(桜?)箸置き。

image


で、これは…

今日の私のテシゴト(^.^)


どうみても…
箸置きそっくりなもの。

image


庭の支柱にしようと思ってた
カバの木の棒を
ギコギコ切って、

カッターを駆使し、
紙やすりをかけて出来た!

これは箸置きとそっくりだけどチガウ。

南天九猿の
南天の木の台です!

image


この前、
フウセンカズラの種で作った南天九猿が

ゴロゴロと落ち着かないので
考えた!


のっけてみたら…
とてもいい(^O^)




箸置は
知り合いが作ったもので
袋の中にドッサーとあったのを
もらった。

貰ったばかりはワイルドで
木の枝っぽかったのに

今ではこんなにツヤが出て、
光ってる


image



さわるほどツヤが出て美しい

庭の支柱には
もったいない樺の木です(^^)













kazesanyori at 18:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月19日

ツルのカゴは半分だけ…

今の時期に? って感じだけれど

あおあおの葉っぱと
あかあかの実のクリスマスホーリーの枝を
おとーが もらってきてくれた。

リースにしたら
とても素敵になりそうな素材です。

名前のとおり
とてもクリスマスっぽい。

ので、
リースにはせず、
ツルのカゴに入れました。


IMG_5308_400

生き生きとして
実もたくさんついていて 
しかも、実が大きい!



ターシャのそばに、いい眺めですね~~

IMG_5307_400

クリスマスホーリーを入れた ツルのカゴは…

実は 半分です ( ̄ー ̄)

カゴのようでカゴじゃない


壁にぴったりと掛けたかったので
前半分だけのカゴを 
ずーっと前に編んだ。

舞台とかのセットのように
後がアリマセン

ペタッと、おさまりがいいのだ (⌒?⌒)


ついでに作った ちょっとハート形の こちら、

IMG_5317_400

ピンポーン♪ を隠していた(線がつながっているところ)
スワッグが古くなっていたので

手持ちの材料で 作った。

こういうハートの形はスワッグとは言わないか…な?
リースでもないしねぇ~…

飾りか!(⌒∇⌒)
 


さて、
素敵なクリスマスホーリーは
ぜひぜひ、庭にほしい!


よっし!植えようと、
種を取り出して 洗った。

カンだけれどね~
これは洗うと発芽すると思う

サンキライは
外に飾っていると 鳥が実を食べ、種を落とすので
庭のいたるところに 発芽します (*'-'*)

チョッと、タイヘン…(*´Д`*)








 

kazesanyori at 18:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月11日

カンベンなんねぇこと?

朝、
おじさんがCoffeeターイムにきた。
(日常)


おじさんが来たからねー

きっと、また、
ちょうまが窓にぶつかるよ〜

と、言ったら

もう、ちょうまには
家のところで会ってきた ですって(*_*)

(ちょうまは、前の ブログです)



テーブルの上にあった
先日作った 猿っこたちをみて

なんだ?

image


大工なので、木に敏感。

猿っこたちの のってる木が
気になったのらしかった(^^)


難を転じる 南天の木だよ


大きな枝を切ったから
まだ、何本かできそうと言ったら

ふーん と言っていた。

けれど…


帰るときに
おお、そうだ と振り向き、


南天の枝を直角に切ってやるか?という。


え?
あー、直角ね。


どうも、私の切った南天の切り口が

image



切断面、ナナメらしくて(≧∇≦)

大工のおじさんにしたら
気になる…



おじさんは、南天の枝を


こういう木は最後を
ゆっくりとノコギリを引かなきゃ
皮が剥がれるといい、


ゆっくりと
そして、 直角に!切ってくれた。

一本切って、スッキリそうでした

が、


あ、おじさーん!

21センチづつに
切れるだけ 切ってちょうだいな と


ぜーんぶ切ってもらった
しめしめ…(^ν^)


image




切り口ナナメ、
皮がむけちゃった なんて、


でぇくには (大工さん)

カンベンなんねぇ ことなのだね(≧∇≦)










kazesanyori at 13:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月09日

南天九猿

この前、
フウセンカズラの種で作った猿っこたちは

木の肌がきれいだからと
樺の木にのせた。

image


九匹並んで苦難サル
なら!
本格的に縁起がいい物を作りたくて…

やはり、南天の木です。

久しぶりに注目した家の南天の木は

ありゃりゃー

暴れ放題!
伸びほうだい

image


福をドンと呼びそうな
太いところをおとーに切ってもらった。

image


力強い!

あとは 自分でギコギコ切って

サルっこたちのお引越し。

image


南天の枝にのせて


難を転じて 苦がさる。



古布の銘仙で作った敷物にのせて


南天九猿 できた!



image



これから、よろしくねーと、
お願いシマシマ(^^)







kazesanyori at 17:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月16日

やっと、完成と言おう

大げさではないんです。

1.2年の違いは
あるかもしれないけど…



20年ぐらいも前に!
チクチクはじめたキルトが完成です!

image



もっとも、
ずーっと縫い続けていたわけではなくて
あきては、ほったらかし

気が向いてはまた、チクチクし、
また、ホッポッテ、そんな繰り返し。


これぐらい長いと
いまの好きと温度差が出てきます(≧∇≦)


今なら、このチョイスはないと思うな


色が寂しい感じがして、
赤い色も欲しくなりました。

カザグルマの真ん中に、
ヨーヨーキルトをつけることにして、


image



周りなんかもチクチク、縫い込んで


ここで!
完成と言おう


ヤル気になったら、いくらでも縫い込めて
キリがないのですから。


ここで、とりあえず、完成!

もう、使って良し!宣言\(^o^)/


image




長くかかりすぎて

生成り部分はだいぶ汚れが目立って
シミまであるのです。



クリーニングしなきゃ…















kazesanyori at 19:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月26日

クルミの皮の籠を

久しぶりの友だちが
素敵なものをもって やってきた!

なんと、なんと
手作りのクルミの木の皮の籠を持ってきてくれた

foodpic7316260


びっくりぃ~!

くるみの皮の籠は前から欲しかったけれど
葡萄づるの籠でも材料集めは結構大変だったから
クルミの木の皮なんて 編むのは 無理!

いつか、できたものを買おうか… なんて思ってた。

彼女は材料集めからやったそうだ Σ(゚д゚;)

くるみの木を傷めないように 
オッケーの指の〇位の枝を使って
切り口にカッターで傷を入れて
ズズズッと皮を採るんだって

中側が枝の表側?

foodpic7316271



きっちり編んだのに乾いたら隙間が空いてしまって
と言ってたけれど

いえいえ
底もきれいに四角にすっきり立ち上がっていて
じょうずぅ!
 

彼女の自宅で採った栗の
手作り マロングラッセ風飴煮(ですって)も

栗を直に味わえて おいしい!


IMG_4097_400

思うだけでなく
たのしんで行動する

味噌だって、
黒ニンニクだって
ゴーグルとマスクして 粉末唐辛子もつくる彼女。


刺激を受けても 
はぁ~、すごいねぇ~ で おわりそうな私…(*'-'*)  





 

kazesanyori at 16:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月16日

市日のおじいさんのカゴ

すぐ近くの参道で
毎月16日に市日がひらかれます。

そう、参道市 です。

今日は 
もう春・宣言します!のような日なので
いっぱいの人が春を感じにでてきたのでしょう

オオイニにぎわいました。


豆腐の田楽

foodpic6853602


固めの手作り焼き豆腐が んまい!


串モチ

foodpic6847218


こうばしい くるみ味噌が んまい!


そしてそして、

市日に手作りのカゴを売りに来るおじいさんがいます。


foodpic6847149


材料の竹を採り、
手作りのカゴをバイクに満載してくるおじいさん。

冬の間はお休みしていたのですが
久しぶりに来ていました。

カゴが大好きです。

おじいさんは始めの頃には 
カゴの取っ手をとめるのに
ナイロン紐をつかっていた時があって…

ぜひ、ぜ~んぶ自然素材で作って欲しいと
リクエストしたことがありました。

それから、おじいさんのカゴの大ファンになったのです。

部屋の中も おじいさんのカゴだらけ(^^)

foodpic6847152



foodpic6847178


foodpic6847183


どれだけあるの? ですね…

foodpic6847168



アライ目のツルのカゴは 自作です(笑)

実はまだまだあるのですが…
おじいさんに頂いたものも たくさんあります。

好きそうだからと 花かごを作ってきてくれたこともありました。

今日もおじいさんのかご

foodpic6847175


本当はもうどの種類も 複数づつ もっているけれど

みちゃいますね~~

そしたらおじいさんが
市日に来るのも
もう 今日が最後かもしれないというのです。

えぇ~~! どうして~??

もう93歳だし、
材料の竹も、作るのも間に合わないというのです。

たしかに!
この頃の おじいさんのカゴは大人気でした。

特にも 最近は 梅を干すときや団子作りの時に 
中の物が偏らないように
工夫した 平たいザルが大人気で
予約になっていました。

これです。

foodpic6847155


おじいさんのカゴがすきで
おじいさんがいつまでも元気で作れるように
とは 思ってたけれど

…さびしい…

また今日も 手カゴをいっこ買いました。

そしたら おじいさんが
いつも使ってくれていたからと

カタミだと 笑いながら

ザルと 豆腐を作る時のカゴをくれたのです。
手前のが豆腐のかごです。

花でもいれましょか。

おじいさんにはたくさんもらいました
でも カタミって…  まだまだ、です。

foodpic6847160


おじいさんに

平たい大きなザルを欲しいので
作って欲しいとたのんだら

おじいさんはどうかなー…
当てにしないでいて欲しいと言いましたが

そのうちに
梅を干す頃には届けたいと
そして、
お盆までには作るからといってくれました。

市日は寂しくなりますが
ザルを楽しみに 待ちましょ。










kazesanyori at 13:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月03日

おばあさんのパッチワーク

おばあさん、

明治の終わりに生まれた
おとーのおばあさんは
ずっと着物をきてました。

おばあさんが
もう捨ててもいいよって言ってた古いモノたちを
何かにできるかなととっておきました。

色あせた長めの羽織…

裏返したら なんとすてき!
色鮮やかにパッチワークです!
IMG_0854_400

手縫いで ちくちく 布をだいじにつなげています。

早川ユミせんせいのワークショップで
ちくちくのあったかさ 
ときはなたれたような自遊な(あえて…)表現に
すっかり魅了されているわたしは
これ 着たい! 

ネルっぽい布は おばあさんも
寒い時にかさねぎしたのでしょう
思いのほか あったかいんです。

どれをみても 布をはぎあわせたり
破けをつくろったり、ほきょうしたり
布を大事にしてきたことが よくわかります。

スマホをいれようと ぽけっとをつけて
IMG_0855_400

華やかないろもほしいな…と
背守りのつもりをつけた ^^
IMG_0857_400

おばあさんの ひとはり、ひとはりを
思うと
フワリとうれしくアタタカイのです。

おとーも かっこいいね~ です 

でも、ポケットにつけた 
布からみつけた金魚のアップリケは…

チョキンギョ(JA…)みたいです (^^)








kazesanyori at 12:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月14日

小正月のもちつき うすの修理

このテンテンの
これなーんだ?
foodpic6697945
 
これは
餅つきの 臼!  うすどんです。

我が家の 杵つき餅の 臼は
もう60年以上も活躍し続けている ツワモノです

foodpic6698033
 

が、そのツワモノも
最近はさすがに木が劣化してきていて
餅つきをすると 臼の木のもやもやがつくのです。

餅つきをストップしては
モチから木のくずを
とりのぞいたりしていたわけです。

そこで、マンヲジシテ 大工のおじさん登場です。

補修には 桃の枝を使うのだそうです。

臼にドリルでガガガッ!と穴を開け
foodpic6697946

あらかじめサイズ合わせしてきた 桃の木の棒をさして
平らな底面になるように のこぎりで切ります。

IMG_0445_400

その作業を 穴の数だけ繰り返しました。

へぇ~~!です。

ワタシ的にはサンダーとか ノミで 
劣化した木質部を削り取るのかと思っていたので
なんか、想像外の修理方法です。

どうして桃の木なの?
なんでポツポツ埋めるの? と聞いたら

わかんねぇ~
大工になった時から そう教わったからだそうです。

IMG_0456_400

フチも ちょっと お色直し押して 完了!

餅つきは外でするので
風が吹くと 少しのゴミが入ったりするけれど

ウスドンからの 木のもやもやはなくなりました

おかげさまで
小正月の いーいお餅ができました。
foodpic6697952
 
もちろん!
餅切りは 大きなピザカッターで
くるくるっと スイスイっと切ります。
IMG_0786_400


ピザカッターを使うと
ぐんと作業がラクなので おススメです。

そして
いつも手強い お供え餅 つくりですが…

foodpic6697954

まぁ、なんとか まとめて 丸めて できました!







kazesanyori at 17:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月05日

仮設住宅でのリース

去年の暮れの
仮設住宅の皆さんとのリース作りのこと。

山の会の方たちと おとーと私。
そして 私もいきたーい!と言う妹も!

つるや、松の木 マメツガのき 木の実などなど
どーっさり持って いきました。
IMG_0515_400

IMG_0516_400

来てくれた方、みーんなで作りましょうという

材料はたっぷりある! の
自然素材の強みのリース作り。

でも、きてくれるかな? と、少々心配でしたが

なんと!沢山の方が参加しくれました!
IMG_0530 - コピー_400

クリスマス間近だったせいもあって
クリスマスリースを作りましょうの会は

参考までに持っていた
お正月リースや、ずーーと飾れるリースの方が断然の人気でした

foodpic6643593


そりゃそうですよね。 そうおもってました(笑)
クリスマス5日前ではね~ 
(男性企画を怪しんでました~~^^)

汗ばむほどの熱気で(ヒーターも2台ついてた ^^)
大賑やかに つくりました。
IMG_0529_400

みなさん、ほんとうに熱心につくります。

完成したリースとともに写真を撮って
その後、

山の会の方の手作り 豚汁の昼食をみんなでたべました。
IMG_0537_400

具たくさんで すっごく美味しい男の手料理です。
肉も大きめに切ってあり
柔らかくて とてもンまい!

誰かの なんのにくですかぁ~ ? の声に

イノシシ!! の答え
ええええっーーーー! ざわざわざわ…

知らないうちに イノシシをたべてたんだ! と
たまげていたら  タネアカシ。

一晩、お酒に漬け込んだ 
福来豚(ふくぶた)だそうです。

福来豚は野田で生産されている肉です。

味わい深く、柔らかい肉で 
日頃から少々手に入りにくいほどの人気なのです。

もともと美味しい福来豚をさらに
美味しくして 

なんの肉ですかぁ~
の声が上がるなんて びっくり(ぽんや)です。 

おいしくて、
にぎやかで、楽しんでもらって作品も完成。
 いい時間でした。 


 


kazesanyori at 12:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)