ターシャ・テューダー

2016年12月06日

アドベントカレンダー



これは なーんだ!


image


ずいぶんシンブルななにか… だけど


これ!

image



ターシャ・テューダーのアドベントカレンダーです。


ずーと前に友達にプレゼントしてもらいました。



本の形? なので
ブックスタンドが必要だったのです。

ふんふん、フムフムと考えたら
この形になったのだ。

image


バッチリです。

クリスマスまで、毎日、
小さな窓を開けていきます

アドベントカレンダーは窓を開けるとキャンディなど入っているようですが

ターシャのカレンダーは
かわいいイラストがのぞきます。

image



しかし!

どこにも置く場所がなく、
素敵な雰囲気を演出することはできなくて

なんとか、テレビの上に飾った。
ラピュタの巨人兵といっしょ(^^)

image



ターシャ・テューダーで
気持ちは高まり、


ターシャの本、
ベッキーのクリスマスを読みました。

ターシャ・テューダーが
子供たちと過ごしてきたクリスマスの用意、風景が描かれています。

image


ターシャ・テューダーにふれると
いつも、

ワクワクとともに

こうしてはいられない
なにかしなくては!の、
ドキドキになるのが
せっかちな私です。

それは、イベントにとどまらず

人生のドキドキです。








kazesanyori at 08:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月05日

チューリップを植えた



妹はふとっぱら!

あ、イエイエ、
お腹のことじゃないんです(≧∇≦)


こんなにたっくさんの
チューリップの球根をくれたから!

image


すごいですね〜


本当なら9月とか10月とかに
植えるのだろうけど…


みると、
球根は
はやく植えてよーと、
芽を出し始めていて

植えて植えて! コール。


庭も、
空いているところを探すのがナカナカむづかしいけれど

あっちこっち掘ってはポンと
埋めていく

image


めざすは
ターシャ・テューダーみたいに
穴の中にポンと放って

自然な形に植えていくこと
だけど、

狭い庭ゆえ、
ついつい手直しをしたりしてしまう

壊れた鉢を
土に入れ込んだところにもポンっ!

image



椿の周りにも。
ここにはけっこう植えこんだ。


image



庭にいたら
二人のご近所さんが通りました。

それぞれが
何してんのぅ〜 と聞くので

チューリップ!と、言うと


一人目☝️

ウチのチューリップは
まだ芽を出してないよー

出てるのぅ 🌱 と、

あ、…今植えてるとこですぅ…


…っ!

春おそくても咲くんじゃないの?



…(≧∇≦)



2人目☝️

あっ、植えてるの?

今年は土も凍ってないから
大丈夫なんだ〜



…そうですよね〜(≧∇≦)




みんなにビックリされた。


大丈夫と
なぐさめてくれていったし…(笑)















kazesanyori at 13:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年06月22日

ターシャ・テューダーによせて

ターシャ・テューダーが召された。
家族や友人に囲まれてバーモントの家で息をひきとったのだという。

自分の世界を築き、歳を重ねることも喜びとし、死さえも大きなところで受け止めていた。
そんな、ターシャの世界に触れられたことは大きな幸せ、喜びでした。

テューダー家からのお便りも、ターシャのメッセージを覚えていて欲しいと望まれていた

喜びは作り出すもの。
身の回りのちょっとした出来事の中にある大きな喜びに目を向けて見る…
そんな、ターシャのエッセンスを感謝をこめて実践していきたいと思う。

悲しく、残念だけれど、
ターシャは決して悲しまずに旅立ったとわかるから
こころ穏やかに冥福をお祈りしたい。
8abdc819.jpg

eae4d2b2.jpg
←本より                                       
 
92歳の誕生日 →
テューダー・ファミリーホームページより

      






ターシャ・テューダーのホームページからのターシャの言葉です。(ネットによる和訳です)

ターシャは死ぬと1830年代にまっすぐに戻る予定です。と書いてあります。
死は恐れていず、それがかなりおもしろくなければならないと思います。ともターシャの言葉を載せています。

もう、1830年代に戻ってにっこりと…、いや、愉快がっているかもしれませんね  


 






                         

at 09:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)