ありがとう

2011年11月03日

ありがとう

昨日は私の誕生日だった …のに、

おとーは 
誕生日は明日するべ と言い残し、友達と盛岡の博物館へ出かけてしまった。

明日、するべって… そこで、もうイマイチ盛り上がらないのだけれど …まぁ。

で、今日は二人でビストロくんのこでランチした。
foodpic1731978

去年は、ランチコースだったよーなキガスルが、今日はランチセット
2011-11-02 014

くんのこは
すっかり紅葉の中




そして、中のフレッシュリースはバラ
foodpic1731985

バラをみて、紅葉を見て、トマトソースもおいしく、いい時間。

食事を終えて外に出たところで、パチリと写真を撮り、少しモミジを見るかとドライブした。

んん? これって、すっかり去年と同じ。
2011-11-02 020
ドライブして 
Uターンした所も同じ。

ここがいいんじゃないか?と、車を止めてくれたフォトポイントも同じ…

去年、とっても喜んだので
おとーは 今年も! って思ったんだ…ね… 
          ( 忘れた?

もちろん!喜んではいたけれど、
そんなにおめでたい日って思っているわけではないけれど

( …おとー! なんか驚きたいぃ! 
          ~ココロの声~
 
息子も今日おめでとう だって
    思いだしてくれて、 ありがとう

そういう私も、友達の誕生日をすっかり忘れてしまって、とんでもなく後で思いだしたハンニンナノダ

そのお友達は 朝一番におめでとうメールをくれて…うれしかった  
ホントにごめんなさいなのです
 
と、
ここで、おとーが何書いてる?って覗いた 
         わっ! ミセラレナイ

喜んでいるのを喜んでくれていそうなのに
 もっと 驚きを欲しいなんて ごめんなさいなのだ。
                        





kazesanyori at 22:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月18日

My Little Lover・akkoさん 

マイ・リトル・ラバー・akkoさんが、励ましに来てくださいました。

いとこと、いとこ家族はakkoさん達と、前から家族ぐるみのお付き合いがあって

図書館も壊れた震災の様子を知ったakkoさんが支援のために
「ap bank Fund for Japan」で「贈る図書館」を立ち上げ、呼びかけてくれたのだ。

そして、今2万冊以上の絵本が集まり
他の被災地にも届けられるという絵本。

絵本のお話の中で、子供たちの心は喜び遊ぶのでしょう。

頂いて保育園などに配られた絵本は、
やがて、被害を受けた図書館が復活するのを待っているのです。

今夜、
すてきなライブがありました。

整理券が前もって配られており、
2011-08-18 009

床に作られた手作り感いっぱいの、同じ目線のステージ部分の前には、
子供たちの座るカーペット席、そしてその周りにぐるっと、200人ぐらいのライブでした。

2011-08-18 008温かいイメージだけを残したいというakkoさんの言葉。

澄んだ声がひろがり、すてきな時間でした。

ところで…
床のakkoさんステージの後方! 

イルミネーションのピカピカを首につけ(られ)、戸惑っているよーなカモシカ   
       どこかで見たような…

ケースから出たカモシカのはく製は初めて見たなぁ~  と役場職員。  
       やっぱり

おとーは、熊のはく製もあったのになー と つぶやいていた 



kazesanyori at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月17日

8年間も…

あの汗ダラダラの暑さがうそのように、今日は涼しくて、
というか…肌寒い 

お盆が終わった安堵感。
涼しくていいな~と、
ごろごろと…ふらふらと…雨音がここちいい

シジュウハチも終わった

亡くなった人を3年間、お盆の夜に、ろうそくを灯し供養するシジュウハチ(板が焦げないようにきゅうりです。)
2011-08-16 005

お盆が終わったから、シジュウハチが終わったのではなく、

平成16年におばあさんが亡くなってから
ずっと 次々と重なり(じいちゃん…義弟…)8年間、お盆の夜はシジュウハチをしてた

義弟のシジュウハチが今年3年目の最後で、連続8年間のシジュウハチが終わったのです。

おばあさんの前には、おじいさんのシジュウハチもあったので、
私は(マァ、おとーもだけど)11年間のお盆の夜はシジュウハチだったのだナ…と昨夜はシミジミだった。
 
親戚や近所の方が供養に来てくれるわけで…
おぼんの夜は毎晩、
ない腕をふるい、シボリダシ…お料理してたわけで…

2011-08-16 007
で、ふと、きずけば







あ~…  甥っ子達も八年間、
2011-08-16 013

シジュウハチ・ロウソクの横でバチバチと
花火で供養をし続けたのだナ(皆勤?)…と
       ありがとう なのだ



kazesanyori at 17:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月12日

田子町さん

今日も暑い
こんなに暑い日なのに、田子町の高校・郷土芸能部の生徒さん達が震災の励ましに踊りに来てくれました。
2011-08-10 027

参道でトリ舞や、流し踊り・なにゃどやらを踊ってくれた。
2011-08-10 033

なにゃどやらの歌は、
輪の中に入った歌係・生徒さんが、マイクを片手に踊りのリズムをきざみながら歌い(ナマです)

少しトーン落ちた、たゆたゆと語りかけるような声に、
晴天の中、静かな独特な空間が出来たよう、

そして、観ている人達も次々に参加して踊るのでした

参道の大きな楓の木の周りは、震災の時、壊れた家や瓦礫で埋まった。
その後も塩害で、もう2回もはっぱを落とした。

その楓をみあげたら2011-08-10 046


田子町の生徒さん達の踊りが、声が、青空に吸い込まれて、海の方へ飛んでいくようで胸があつくなった。

きれいな手踊りはトリの羽を思わせたので確信と共に聞いたら… 
そうい意味はないよーで

だいたい、鳥の羽って、トリ舞から連想という単純さだったのだけれど… 

田子町とは、昔、交流があった同じ南部藩のご縁。
歴史の会のおとーはさっそく、古文書を持ち出して、炎天の中、熱く語っていた。
歴史好きはご縁を見逃しません( ̄ー ̄)

2011-08-10 048

田子町の名産・たっこニンニクもいただきました。

ニンニクで元気あっぷのお盆です。
       ありがとう。


kazesanyori at 15:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)