山仕事

2017年09月30日

思った通り

なんか音がすると思ったら

おとーが
家の裏山の斜面の杉の木を切ってる


そんなすごいことを
騒ぎもせずに

ふつーにやってるんだね〜(o_o)


斜面だから
家の方に倒れて屋根を壊さないように、
切ってしまうんですって


image


で、

切るときに
家方面に倒したら大変なので

チェンソーですこし残して切って

木にロープをかけて反対側経由で
運搬車でひっぱった

ら…


ありゃ、引っかかった?

image


まぁ、これは計算のうちだって (^^)


そして、
木を短く切ろうとしたら

チェンソーが

木の重みで木にはさまった!(*_*)


計算外 だよね…


仕切り直して…
クサビをいれつつ切って、

まだ、倒れてこなくて
また、チェンソーしようとしたら

こんどは、

チェンソーの
エンジンをかけるヒモがプッツンと切れた


えーッ!
計算外… …(o_o)






よし、



しゃーない、

このまま 木を乾かして軽くしてから
切るべ と、


木からおとーが離れて



少ししたら、



ドサドサドサーっと!
ユッサァー と


倒れてきた!



image



おぉぉぉー!

理想的な所に倒れた ねー


って言ったら



計画通りだ ! と、おとー。



インタビューしてみた(^^)


えー、今日の木を切る は、
どうでしたか?



はい、
思った通りにうまくいきました。にっこり。

だって( ̄▽ ̄)



チェンソーが挟まったり
チェンソーの紐が切れたり

木が変な方に倒れないかとおもったり、

木の重さで
根の方が跳ね上がるんじゃなーい?

あぶなーい!

と、

みていると怖いことばっかだったけどねー


はい、
思った通りにできました。
計画通りですぅ。


だって(≧∇≦)























kazesanyori at 19:19|PermalinkComments(0)

2017年04月15日

クマが登ったんだって!

古い小屋をほぼ解体し(*_*)

二階建てを平屋にすべく
リフォーム中。

大工のおじさんが
材料を加工してくれているけれど

使っているのは
前に切り出しておいた丸太からで
自前の木材なのです。

我が家も、おじさんたちも
何かをするとなると
木の調達からするので

なんというか…
スゴイ!


で、
少し足りない分を木を切ると
おとーと、おじさんは山へ行きました。

ら!

なんと!
クマだらけ?

杉の木に
クマの爪痕がついていたんですって!

image



しかも!
傷跡が段々についていて


image


おじさんとおとーは

これはクマが登ったあとだな!
と、
決定したそーです!(◎_◎;)


そんな、クマだらけの山で
木を切って
丸太用の運搬車で山から降ろしたんですって!


image



image


しかし、
木を切るところからはじめるって
前は
ウンと驚いたけれど

今は慣れちゃって…

へー、
切ってくるノゥ…


くらいです(^ν^)

しかし、
クマの山で木を切るって

かなりだね(≧∇≦)












kazesanyori at 20:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月12日

山の神

今日は山の神さまの日。

山仕事をする民を
いつも護ってくれてる山の神さまが

今日は
山の木を数える日なので
山仕事はしてはいけない日で

木を切ったりしたら神様が怒って
ケガをするとか、

怒ると怖いらしい、

だから
世のおとーさまがたは
奥様のことを
ウチのヤマノカミなどと言ったりするわけなのだ。


昼におとーが、

だから、
今日は山にはいかないんだ。 と、

そっか、今日なんだー。
覚えていませんでした(*_*)


神様には
シットギをあげるのだと、昔からいうので

山仕事もするおとーのために
シットギを作ることにしたのだ。


さがしたら、
団子の粉があった!

image


簡単ですね〜
うるち米粉65%、もち米粉35%です。

ぬるま湯で捏ねて
形をととのえて茹でる


まずは道具!

image



籠屋のおじいさんのザルです。
団子があげやすいように平らに作ってあります。

そして、柄があるからの 柄ザルも。

いつもはほとんど飾りですが
今日は出番!


ゆで上がるとふわふわ浮いてくる

image



柄ザルで! すくう!

image



できた!


image


何にも入れないで
丸めて茹でただけのが
シットギです。

シットギって、
絶対に全国区ではないですよね

よそではなんていうのかな?

シトギ? わからない(≧∇≦)



ついでに
ウキウキ団子も作りました。
冷凍に小豆の茹でたのがあるので

これも、お手軽。


ウキウキ団子は
二戸地方だと へっちょこ団子ですって

どの呼び名も その通りだなーと…


茹でたら浮いてきて

image



ウキウキだし

団子の真ん中は少し押してあるので

ヘソ … へっちょこあるし。



山の神さまのこどもは12人なので
シットギも
12個つくるのかな?

そう思いつつ
5個にしちゃいました(*_*) が、


今夜は
山の神さまへの感謝と

これからも
おとーがケガがなく
山仕事が出来るようにと
お願いして

山の宴。


あ、そうなんです。

ずっと前、

じいちゃんは炭を焼いていたから
山はもっとみじかで

おじさんたちも集まり
大賑やかなホンキの宴でした。

おじさんは酔うとなぜか
大声で歌舞伎をしてました。

じいちゃんの親、おじいさんは
酔うと、駄々っ子のように
足を突っ張らせて歩かなくなったなー

とかとか、思い出しました。

山の神の思い出は鮮烈です。











kazesanyori at 16:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月12日

今日は山の神

今日は山の神。
山の仕事をする人達も今日は山仕事を休み、神さまに感謝する日です。

山の神様は女性なそうで、
おとーたち男性は 奥さんのことを
うちの山の神…なんて ニカニカしながら言ったりします。
どうやら 山の神様は怖いらしい(笑)

今年は、ずーっと、時間さえあれば山へいく! 
木を切り、丸太を出し、薪もとる。
そんなおとーですが
この頃はますます! 大忙しです。

どうやらおとーは
雪の気配に追いかけられているらしい

だから、山の神さまはだいじです。

山の神様には 
米のスットギをお供えするのですが
(ナイ…)
今夜はお酒だけ…お供えして

仕事の無事を感謝し…
熱燗でおとーがグイッと 
2013-12-12 019

寂聴さんの法話を聞いた記念の浄法寺塗で
グイッと

で、私もクイッと… 
2013-12-12 020

あの、冲縄の!
お魚がゆらゆら泳ぐように見えるという有名・高価なぐい呑!
に、似ている と、思っているお気に入りで 
クイッと。

感謝と、ご苦労さんの山の神をしました。

ずーっとずーっと前は 
山の神の夜は おじさんたちも集まって
おじいさんも、じいちゃんも
み~んなトコトン酔っぱらいになる大騒ぎの宴でした。

いろんなことがシンプルになって来ている というか、
シンプルに済ませている…というか
そんなことも思いつつ 
クイッとしたのです。









 



kazesanyori at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年04月01日

ゆっくりとです。

今日から4月。
3月、年度末は おとーは大忙しだった。
と、いうか…
まぁ、年が開けてからずっと忙しかった。

そんな中、おとーは時間があると、山びと になっていた。
木を切って製材するそうなのだ。

ほら!    おとー’S フォト
2013-03-28 005


木を切るときには
倒したい方向を切って 受け口をつくるのだそうです。

そして、受け口の反対側を また切る

2013-03-28 004


がっちりチェンソーが入ってます。
あるところまでチェンソーで切ったら クサビを打ち込み
ツチでガンガンたたくと、
木は 倒れる! タオレル! と  揺らぐ…

倒れるときの 木の跳ね返りが一番危険 だって!
あらかじめ、足場確保してある おとーはスワッと離れる!

メリメリ、ズッザーンと 木が倒れる! 
2013-03-28 006

予定方向に倒し、 ここで、やっと、
緊張、開放なのです。

倒れる途中で他の木に引っかかると、それを外して倒すのがまた大変らしく

 一人で山に行くので、心配です。

春に急に無理をしては体調を崩すよ  て、言ってたのに…
開いた時間はブーンと山へ出かけていた おとーは

2013-03-28 002

こんなに 働き
とうとう、
疲れがどっと出てしまい…
体調不良になってしまい…
すこし回復しつつあった今日は また、二戸へ出張。 

木の芽が動かないうちにと思い 無理をしたんだと思うけど

 すこし、ゆっくりセネバネ。










kazesanyori at 20:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月27日

あんしん、安心。

さて、その後の丸太。

製材所に運ばれた、和室修理用の丸太は
大工のおじさんの立会いのもと 板になった

2011-12-23 004


2011-12-23 003


製材された板を、倉庫の方へ運んでもらい
それを、おとーとおじさんは乾かす為にきれいに並べた。

2011-12-27 016


お日様を浴びて、木の香りがいっぱいしそうな光景。

キチンと揃って、
やはり、こういう乾かし方にも
大工さん的・伝統きまりがありそうに思われるタタズマイなのだ。

2011-12-27 017


目標  雪の降る前!
雪の降る前に木を切り、製材し、干したかった おとー。

忙中に閑なく…
年末、連日、大忙しの中の、大忙しを 雪に追いつかれず勝ったのだ
(まぁ、この辺りはホントに降るのは春先なんだけれど

とりあえず、おとーは本当に安心したと思われ、

和室の穴に落ち、足を引きずって歩いている私も、
穴ふさぎの材料確保に あんしん、あんしん








kazesanyori at 20:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)