山仕事

2011年12月19日

木を切り出す!

津波で被災した、我が家一階部分。
和室の畳はもう、どうしたってどうにもならず…
和室5部屋分のタタミ、46畳を捨てた。

そして、根太だけにしていたが
8月になってボランティアさん達に床下の泥だしをして頂いた
2011-08-04 003
          ↑ ボランティアさんたち

それからも、ずーっと穴が開いたまんまで、
今は廊下もまるで外のよう!  寒い!

なんで? 
どうして、穴のままだったかと言うと…

床下の海水のジメジメは手ごわく、その乾燥もあるが、
   木は 秋、冬に切るものなんだって!

つまり、なーんと、
おとーは家を直すのに 木を切り出す所から始めたのだ! 

冬になり、木を切り始めて…
2011-12-17 014


ついに!! 
今日、クレーントラックの丸太積み屋さんに積んで貰った!!
2011-12-17 013

丸太は製材所へ運ばれいった


しかし、です

じいちゃんは炭を焼いていたし…
おとーも、おじさん達も山が好きで、木の枝降ろしや、薪作りなど、山と共に…の生活だけど

あ、生活? ではないか…  山仕事? 山趣味?

そんな、田舎の生活にあっても
木を切り出す所から始めるって… ナカナカ、ないかも。


茶の間には この木がいい  なんて、色々考えながら切るらしい。
チナミニ、この家の時も木の切り出しから取り掛かったらしい

木を植え、育て、利用する。 原点だ。
体は大変だろうけど、きっと、おとーの充実感はデカイ  
       
とにかく、木を切って、 やっと、動きはじめたのです






kazesanyori at 21:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)