旅行

2013年03月09日

にっぽん丸 クルーズ

今朝起きたら雪で真っ白
けれど、やはり土の温度は春めいていて もう、溶けました。

さて、
つい先ごろの南の方への旅は…
飛んでクルーズ 
2013-03-02 002

那覇港から乗船し、与那国島へ寄港するという 日本丸のクルーズでした。
2013-02-20 359

吹雪の三沢から 初めての飛行機で(そうなんです)少し緊張し 
グワーンと飛び、
羽田で乗り換え、那覇まで またゴーンと飛んだ。
2013-02-20 002

初めて飛行機の私に 妹は 
飛行機は右足から乗るのだよ と 教えてくれた(ウソ!) 
えっ?なんで? と、本気にした私です。 マッタク

羽田着陸前には富士山も ぼんやり見えて はぁ~ 感激
2013-02-20 012

羽田から那覇への機内ではうれしい出会いがあって

冬はいつも冲縄で過ごすという北海道のご夫婦と席が隣合わせになり、
話すうちに 飛行機初めて中の私に窓側の席を譲ってくれたり
さらに、那覇観光の見所を教えてくださったり、知り合いのタクシーも紹介してくださった。

ご夫婦は、震災のこと、復興の現状を心配していて、那覇までの間たくさんの話をしました。

さて、一日目は那覇のホテルで一泊。 
なので、夜の国際通りを散策。

琉球舞踊を見ながら琉球料理と、もちろんグビグビ
2013-02-20 050

2013-02-20 062

翌日は、いよいよ日本丸に乗船 
しかし、
出航は午後なのでまずは首里城を観光する
2013-02-20 079

2013-02-20 070

起伏にとんで 広くて 中国のお城のように(見たことないけど…)色彩豊かで 見応えがあった。
焼失し、復元の際は 元の基礎を保護すべく5メートルほど上げて作られているとのこと。

世界遺産に指定されているのは その基礎だそうで
ここ! これです!
2013-02-20 084

タクシーの運転手さんがおっしゃっていたこと…
私たちの和食は中国の影響を受けていて
どちらかと言うと中華料理に近かったりします …そうなんだ。

2013-02-20 079

さて、旅では旅先のソフトクリームを食べる…と決めている。
首里城のソフトクリームはマンゴ バニラ 紫芋のミックス。
 私の定番 空をバックに
2013-02-20 114

ぺろり!
 
新原ビーチでグラスボートに乗り、ニモ達に会い、珊瑚を見た。
2013-02-20 119

2013-02-20 123

ここで、いきなりの船酔い!
いっそ、船の運転をさせておくれ~ とココロで叫び、目はひたすら船長さんの後ろ頭に固定。

さーて、午後はいよいよ日本丸にて 更に南
最西端の与那国島に向けて 色とりどりのテープで出航!
2013-02-20 348

船の中は、豪華で美味しくって、いろいろなイベント盛りだくさん。
2013-02-20 185
2013-02-20 169
2013-02-20 175

2013-02-20 323
日本丸の
ドレスコードは
いろいろあるようですが

今回は
カジュアルでしたー

ハリウッド映画の
高級リゾート地のような
ラフ過ぎない
カジュアル  だって

 


嬉しいのは、
2つのラウンジでコーヒーやアイスクリームを無料でゆっくりと頂けること。

お医者さんも乗船していて船酔いの注射もあるし、酔い止め薬は無料でもらえて、
これがよく効いて、ずーっと飲んでました(飲まなきゃ…やはり…
なので、ぜーんぜん快適の船旅。
ゆれたって あやして貰ってるよーな

部屋も素敵です
2013-02-20 138


手作り教室もあって ポストカードに絵を描きました

絵が苦手で…と 尻込みするも
指にパステルをつけて描くので 思いのほか 簡単に、ふんわりとした雰囲気に仕上がるのです。 おもしろい。

できました!
2013-02-20 295

実は、鯨が見えるよ!の 船内放送があったらしいのに 気づかなんだー …
…幻の鯨のしっぽ…(泣) 
絵の中の与那国島も 実は 幻っぽい・・・

与那国島は目前なのに 波が少し高く 
2013-02-20 281

通船が何回もトライするも…かなわず…
2013-02-20 241

とうとう、通船の乗組員は大きく手をフリ さよならと帰って行きました。
2013-02-20 208

せめてもと、船長さんが与那国島を一周回ってくれました。
ドラマ Dr.コトー で、コトー先生がオープニングの時 
自転車で走った南側の崖の道もしっかり見えていたのに…
2013-02-20 280

見学予定の海底遺跡のあたりも ただ通過…
2013-02-20 271

    残念! 
最西端の灯台を眺めつつ、島を後にしたのです。
2013-02-20 286

その後は
船長さんの配慮で来た時とは別の航路を通り
西表島や珊瑚のリーフを眺めつつ那覇港に戻った
2013-02-20 314

2013-02-20 311

賑やかにラテン系の(?)音楽と歌に送られて名残惜しく下船しました。

那覇では また時間があったので
紹介して頂いたタクシーさんで平和記念公園などを案内してもらい、
帰路の空港へ。

(あまりにもむごい戦争の痕跡はとても語る言葉もありません)


雲の上のすばらしい夕焼けを夢中で眺めながら三沢へ…  
日常へと帰ったのだ
2013-02-20 448

2013-02-20 463

初めての体験をいっぱいして はぁ~~ いい旅でした。
 
留守係だった おとーには もちろん!もちろん! おみやげどっさり!
次はおとーも絶対にいこう!と 約束したのでした。
 次って…  あるよね…  





















 


kazesanyori at 14:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年02月20日

冬の北海道へ、3日目、4日目

小樽の朝、
ホテルの前は運河なのです。

2012-02-13 146

貴重な時間、
張りきって、早目に活動開始したものの…
早過ぎてはお店が開いていません

駅まで歩き、ようやくサンドイッチをほおばり作戦会議。


まずは、小樽散策バスに乗って 
裕次郎記念館に行くことにした。

2012-02-13 101_400




散策バス、マリンコース一日券が便利なのです。

2012-02-13 106_400


午前中はたっぷり、
石原裕次郎記念館を見学し、
また散策バスで運河方面へ。


じつは、小樽の下調べで発見した
バインの蝦夷鹿のピザを食べたかった! 


2012-02-13 117_400


foodpic2070601


蝦夷シカのミートはどんなかなー?と探るが、 
特別にはクセがなく、
それと気づかないで食べそうなミートなのだ。



カニクリームパスタも!

2012-02-13 116_400


見ためシンプルだけれども
カニの身ザクザクっとたっぷり・
しっかりのカニ味でンまい。



そして午後は堺町辺りをブラブラと散策し、
夜は やはりワイン

また、バインへ戻りカンパイしたのでした

2012-02-13 138


おまけの話し1

泊まった運河前のホテルソニアは、
部屋の家具がアンティーックっぽくて雰囲気も景色も良く、
散策するにも便利でした  

写真、奥のピンクっぽい建物がソニア。

2012-02-13 156

早目予約で、3500円で泊まりました! 
素泊まりで…

しかし、二日目は、前日の経験から 
朝食をしっかり頼んだので、
それはまた余裕の朝なのでした

おまけの話2
小樽の駅で買ってきた棒寿司・サーモンはとっても美味しいかった。
 
2012-02-13 1832012-02-13 184







もっと食べたい。



そして、ちょっと残念の4日目…
椎名さんの本、北海道 物乞い旅に出てきた 海猫屋
ホテルの近くだったのに帰る日の朝に気づいたこと…

タクシーに、前を通って貰い、
海猫屋を振り返りつつ駅に向った


2012-02-13 162

古いレンガの雰囲気のある海猫屋でナンカ食べたかったなー

帰りは
札幌から乗った特急が遅れて、
函館乗り換え予定が急きょ、五稜郭乗り換えになりドタドタと降りた 

ワケがわからず…


乗るはずの特急白鳥は函館で待たずに通常発車し、
五稜郭でアセッテ降りた乗客を乗せた… 

…これでいいんだ…と 

のる予定の特急に乗ってるんだと気づいたのは
けっこう後のことでした…


すごく寒いけれど… 楽しんだ、いい旅なのでした。

 札幌で気づいたこと… 
一番の厚着は私…でした





kazesanyori at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)