自然

2017年01月21日

おもい!

空がいくぶん、明るくなってきた

もう、雪も止みそうなので


image



では、雪かきの始まりー 。



お、重い!

もう、とけはじめているので
水を含んで

おもい雪です


おとーはガシガシやってるけれど

休憩の多い私。

image



ときおり、
屋根からのドドドーっに
気をつけなければイケマセン。


image



家の前が小さな川なので
雪の処理には困らないのですが

おとーは軽トラにも積んで運び出し、
汗だくです。

そんなに頑張らんでも…
とけるよ…



ソンナコンナで
終了〜〜っ!



必要、生活範囲は(≧∇≦)
綺麗になりました。






kazesanyori at 12:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月03日

雲が すごいことに…

今日のお昼すぎに
見上げた空には

わ~~~~!!

こーんな雲が

IMG_2322_400

ぐわぁーーっと
迫り来るような雲だった


眺めてると ドキドキしてくる
面妖な雲なのだ。


けど… 写真で伝えるのは難しい…な


そして 

よこの方は

こんな雲!

IMG_2325_400


すぐに変わる

IMG_2321_400

こちらは

小さな雲がいっぱい集まってて

息子が一年生頃の 本に載ってた お話
スイミー を思い出した。
 

みんなと違う色の小さなさかな スイミー。

みんなと違う色で 
ひとりだったスイミーが

大きな魚に怯える 小魚たちと出会い

大きな魚に食べられないように
みんな集まって大きな魚のふりをして 泳ぐことにする。

みんなと違う色で 孤独だったスイミーが
黒い色のスイミーが 目になるのです。 

で、みんなで 大きな魚のフリして
自由に 自遊に およぐ お話。

スイミーの 空 みた。


おとーに 教えた時には
もう 面妖な雲はなく

スイミー達も 散らばり始めてた。


空は広いからね
泳いでいってしまった。 

kazesanyori at 19:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月30日

山菜が よりおいしくなる言葉

庭の花たちも 日々 なにかしら咲き始め
きづけば しっかり緑がこくなっています。

それは  山も そう。

数日前は 
山菜採りには少しはやいかな?と言っていたのに

今日は
いきなりの山菜ピークになりました!!


たらぼー (タラの芽)

IMG_1654_400


   コシアブラ

IMG_1647_400


ギョウジャニンニク

IMG_1658_400


葉ワサビも

IMG_1578_400



そして、ゼンマイも少し 採ってきました。
これは 家で 
よーく揉みながら乾燥しましょ。

IMG_1661_400


おとーが採るのは
なんでも、いつでも、 どっさりです。

毎年 この季節になると
我が家生まれの 遠くに住む
おじさん、おばさんが 待っていてくれるだろうと
いや、待っているはずなので

おとーもがんばります。

山から帰ると
テーブルに箱を並べて 詰めます。

IMG_1657_400


高齢になったおじさんは
荷物がつくと
必ずおとーに 家の山のか? と聞きます。

たとえ 広範囲の山を歩いて集めたとしても…

おとーは
 そうだ。  家の山のだよ。
 昔、炭窯のあった方の山だ と言います。

おじさんは
ああ、そうかと 喜びます。

おじさんもおばさんも 
家の山のものだと 
なつかしく、
うーんと美味しいらしいのです。

より美味しくなる言葉は  
     いえのやまのだよ。

夕食は
家の山のづくしの 天ぷらでした(^^)

IMG_1664_400



ちなみに…

たらぼーの天ぷらの左横の
なにやら怪しげな茶色の天ぷらは

干し柿の天ぷらです!
これは おとーの大好物です。

小さい時からたべなれた
家の柿の木の 柿でつくった
干し柿の天ぷらです。

家のだよ  の、
おいしくなる言葉は
おとーにも 効いてるらしい…











kazesanyori at 16:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月21日

嵐のあと ぐるぐるの思い

この冬は 雪もなく 
過ごしやすさに すっかりなれていたけれど

やはり そのまま春にはならなくて
あちこち 大変な嵐でした。

うちの辺りは 
雪もそれほど多くはなかったのですが
少し入った山の方は 今日の午後までも停電でした。
三日間も! です。

そちらの今朝の山は
見たこともないくらいの 雪のモコモコです。

朝日があたって なんと美しい!
きれい! 
こんなモコモコのわさらび山は初めてだね
きれいだね~とながめたけれど…

IMG_0828_400

これほどの雪のモコモコ感は
湿った雪が木から落ちないままということで

雪の重さで 木が沢山折れているに違いないのです。

で、こんなモコモコの雪は電線にだって
着雪し 重さで断線してしまったのです。


大寒なのに 3月初めごろのハルユキのようです。

そして、午後
子供達が散歩に来たのかな?と思うほどの
賑やかな声… 
ん?  これは いっぱいのハクチョウ??

飛び出したら なんとも賑やかに
大声で話しながら 移動中。
IMG_0837_400

風の向きなのでしょう
大声です。
IMG_0838_400

うつくしいです。。
とても うつくしいのです。

地球、自然、天候、怖さ、美しさ、でかさ 
そんなことを
いっぱいグルグルめぐらし
 
ハクチョウをながめてました。

自然を見て
うつくしい!きれい!
と思うと 
グルグルの思いは加速する。













kazesanyori at 20:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月02日

ホタルがフワリと飛びました

この頃のおとーは、
夜八時ごろになるとソワソワと、
いるかな~~…と 外へ出ていきます。

今夜もそう、
で、
外へ行ったおとーは
いるいる! と走って教えにきました。

そうです!
今夜は 今年の源氏蛍 ハツホタルです。

2014-07-02 015

外へ出た 私の上をフワリと 飛んで
うちの屋根をチェックし川へ戻ったほたる。

ほたる係・おとーは
生まれたての若人だ!

そんなに光っても相手はまだいないぞ と、
教えていました(^^)

今日は一匹だけですが
これからは 係りさんの楽しみです。

でも、源氏ホタルは いつの年でも
いても4、5匹ぐらいかな?
イヤイヤ… 3、4匹かも…

それでも 毎年飛んでくれる不思議…。









kazesanyori at 21:53|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年10月07日

もう、山はきのこ 

先日、友達がアミダケを持って来てくれた

え!? もう 出たのか?

そう、この頃、おとーは
涼しくなったけれど、
なんかキノコの気配がないな~ とボヤイテいたから

それではと…  今日の午前中、
 
ちょこっと山を見てくる と出かけたら 
ちょこちょこっと採って来た。 

アミダケ 2012-10-06 022

茹でて 大根おろしと食べたり 酢の物にしたり、
汁にしたりするけれど、茹でると肉色(!)になるアミタケ。

あまりの変わりように、前はちょっと苦手だった。
 
ほら、 コンナに変わる!

2012-10-06 005


道路ぎわにあったという ハツタケ

2012-10-06 015

ハツタケは手で触ると青くなるので これまたちょっと不気味で

最初は毒かと思った!

しかーし、
ハツタケはダシがうんと出ると
じいちゃんやおとーに言われ続け…  慣れた!

今ではササギと味噌汁にするのが定番なのです。

そして 通称、ボリメキ

2012-10-06 018

塩で炒り煮にしておいて食べる。

そして、山に菌を植え付けておいた マイタケ

2012-10-06 024

今シーズンの一番さんだけれど
マイタケは山にたくさん、ショッキンしてあるので
これから当分、ドンドンです。…たぶん
 
で、これも 菌を植え付けておいた シイタケ

2012-10-06 026

シイタケは、もう大きくなり過ぎていたらしく
開き過ぎは干すこととし、
今夜の焼きシイタケ候補は これだけ…

山のきのこを ちょうどいい時に採ると言うのは 
なかなかムズカシソウ。

行ったら早かったとか、 もうホウケテ(開き過ぎ)いたとか…

きのこ愉しみ人、適期採りびとの 条件は
  健脚と、
  あ~ また行くのか~、買った方が早いべ とは決して言わず
  ん?
  今日はどうだべと…ちょっと見てくる の 軽快さ。
       
決心しなけれぼ 行けないようではダメなのだ(私)

山の愉しみに 持てるマメマメしさを全開のおとー。
      
全開アイテムは…サイダー  (好きなんです)  






 








kazesanyori at 16:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)